インスタのDMのワード検索は?

インスタのDMのワード検索は?

写真共有のSNSインスタグラムでは、メッセージのやりとりができるDM(チャット)機能があります。

インスタのDMは、使い勝手もいいので、LINEではなくインスタのDMでやりとりをする、という人も少なくありません。

しかも、チャット感覚なので、あっという間にメッセージが溜まっていきます。膨大に溜まる過去のメッセージ内容について、キーワード検索ができると便利だなと思ったことはないでしょうか。

LINEの場合、メッセージ画面の上の検索アイコンから、文字を入力すると、キーワード検索が可能です。

この検索機能で、その人とのあいだに交わされた過去のメッセージから、特定のキーワードを検索することができます。

過去にこんなことを話したかな、といったとき、この検索機能は大変便利です。

同じように、インスタのDMでも、ワード検索ができたらよいのですが、残念ながら、現段階で、インスタのDMに、検索機能は搭載されていません。

スマホでも、パソコンでも、検索はできない仕組みとなっています。

過去のメッセージから特定の言葉や内容を探したい場合は、手動でスクロールして探す以外にありません。

これは結構な作業になるので、DMのやりとりが多い相手の場合、過去のメッセージは、スクショでも残さないかぎり見返すというのは難しいでしょう。

ところで、DMの内容をスクショした場合、相手にバレるのか、気になる人もいるでしょう。

単純にDMの画面をスクショしただけでは、特に通知もなく、相手にバレることはありません。

DMで送られてきた画像をスクショした場合も、通知はなく、バレない仕組みになっています。

一方、ストーリー形式で送られてきた「写真を見る」「動画を再生」をタップした場合の写真や動画をスクショした場合は、何度でも見られる形式のものならバレることはありませんが、一度しか見れない様式の場合は、スクショしたら相手にバレるようになっています。

もう一つ、インスタのDMには、消えるメッセージモードというのがあります。

消えるメッセージモードとは、オフにした瞬間履歴が消えるメッセージ機能ですが、こちらの場合、普通のDMの画面と違い、スクショしたら、相手に通知され、バレる仕組みとなっています。

ちなみに、普通のDMに関しては、相手がアカウントを削除したあとも、DMの内容は残ります。

相手先のユーザー名が、「Instagramユーザー」となり、アイコンは初期化されていますが、こちらもアカウントを削除しないかぎり、内容自体は残り、振り返って見ることが可能です。

以上、インスタグラムのDMのワード検索についてでした。