iPhone

インスタのタグ「#アーカイブ」「#アーカイブ投稿」の意味とは

インスタのタグ「#アーカイブ」「#アーカイブ投稿」の意味とは

インスタグラムの投稿には、一緒にハッシュタグを載せることができます。

そのタグのなかに、ときどき「#アーカイブ」や「#アーカイブ投稿」というのを見かけることがあります。

一体「#アーカイブ」「#アーカイブ投稿」のタグの意味とはどういったものなのでしょうか。

自分は気に入ってる写真でも、需要がなさそうだったりいいねが増えなそうだと投稿するのやめちゃう。基本、人が写ってる写真の方がいいねは伸びるから、風景とかの写真を載せたいときは、投稿してすぐアーカイブにする。それで、何日か経ったら自分のページにまた戻して、満足するっていう。笑 ハッシュタグで#アーカイブとか#アーカイブ投稿つけてみんなやってるよ。

出典 : 1に「需要」、2に「載せたいもの」/ソーシャルネイティブたちのホンネ #3

インスタグラムでは、投稿するとタイムラインに載って周りのひとに更新するたびに知られるので、一度投稿してすぐアーカイブにして、数日後に戻す、という際に使うのがハッシュタグの「#アーカイブ」「#アーカイブ投稿」です。

なぜ、アーカイブ投稿をするのでしょうか。

理由としては、周囲の視線が大きく、写真を連投するとその都度タイムラインに載って迷惑になったり、自分は好きだけど需要はないだろうなと思う写真をいったん投稿してアーカイブで非表示にし、時間が経ったら再び戻す、ということが挙げられます。

https://www.noraneko.tokyo/%E5%86%99%E7%9C%9F%E6%95%B4%E7%90%86%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%e3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E6%8A%95%E7%A8%BF/

写真整理におすすめ!! インスタの「アーカイブ投稿」の方法

インスタグラムのアーカイブとは

インスタグラムに、「アーカイブ」という機能があります。

アーカイブとは、もともと記録保管所といった意味で、インスタの場合には非公開状態で保存しておく機能を言います。

これまでインスタグラムでは、そのまま写真を公開にしておくか、削除する以外になかったのですが、アーカイブ機能によって、いったん非公開にすることができるようになりました。

一度写真を非公開にし、しばらく経ってから再び公開に戻すことで、写真の整理も行い易くなりました。

アーカイブの方法

アーカイブにする方法は、以下の通りです。

まず写真の右上のボタンをタップします。

すると、「アーカイブに移動」というボタンが表示されるのでタップします。

これでアーカイブに移動され、無事写真は非公開になりました。

逆にアーカイブから公開状態に戻す場合は、まずプロフィール画面の左上のボタンをタップすると、アーカイブ画面が表示されます。

アーカイブは、〈ストーリーズ〉と〈投稿〉とあり、〈ストーリーズ〉のアーカイブは設定によって自動で保存される仕組みになっています。

一方の〈投稿〉は、今説明したように、手動で「アーカイブに移動」させることで保存されます。

あとは、アーカイブ画面から写真を選び、先ほどと同じく右上のボタンをタップすると、「プロフィールに表示」とあるのでタップしましょう。

写真整理におすすめの「アーカイブ投稿」の方法

このインスタのアーカイブ機能を使ったおすすめの写真整理の方法があります。

インスタグラムで、一度写真を削除してから載せ直したり、新しいアカウントを作成した際に、好きな写真、載せたい写真を連投することがあると思います。

でも、写真をアップするたびにフォロワーさんのタイムラインに掲載されるので、迷惑かな、と心配になったり。

そんなときには、「アーカイブ投稿」がおすすめです。

まず写真をアップします。

それから、すぐにアーカイブに保存します。

すぐアーカイブすることで、フォロワーさんのタイムラインに表示されません。

その後、数日から一週間ほど経ってアーカイブから公開状態に戻します(「プロフィールに表示」)。

この方法によって、タイムラインを荒らすことなく、写真(ギャラリー)の整理ができます。

もしギャラリーの整理がしたい場合は、よかったら試してみてください。

以上、インスタグラムのアーカイブ投稿でした。

https://www.noraneko.tokyo/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%80%8D%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%E6%8A%95%E7%A8%BF/

AppleでiPhoneの配送修理中にお問い合わせするときのシリアル番号の確認方法

iPhone配送修理中にお問い合わせするとき、シリアル番号の確認方法

AppleでiPhoneなどの配送修理をする際、配送修理中にお問い合わせしたいときがあると思います。

しかし、Appleサポートからチャットなどで問い合わせしたくても、「シリアル番号」が求められた際、iPhoneが手元にないとシリアル番号が確認できません。

その場合のシリアル番号の確認方法を紹介したいと思います。

配送修理をお願いすると、登録してあるメールアドレスにAppleから「修理のお申し込み完了のお知らせ」というタイトルのメールが届きます。

こちらを、Gmailなど自分の登録しているメール内で検索してみましょう。

そこにシリアル番号と修理IDが掲載されています。

また、そこから現在の修理状況が確認できるサイトにアクセスできます。

iPhoneの配送修理前にすること「初期化」「液晶画面保護フィルムを外す」他、

iPhoneの配送修理前にすること

Appleでは、iPhoneの修理に関して、店舗受付だけでなく配送修理も行なっています。

配送修理の場合、Appleでお願いしたあと日にちを決めるとヤマトさんが集荷に来てくれます。

ヤマトさんに渡したら、あとは修理が終わって再び家に届けられるのを待つだけです。

修理期間は内容にも寄るでしょうが、概ね一週間くらいだと思います(バッテリー交換の場合は早ければ二、三日で戻ってくる、という情報もありました)。

その期間は、iPhoneの代替機も貸してもらえないのでスマホなしの状態になります。注意しましょう。

ヤマトさんに渡す前に、こちらで簡単にiPhoneに準備が必要です。

以前バッテリー交換を配送で行なったのですが、そのときに行なった「iPhoneの配送修理前にすること」を紹介します。

ざっくり、以下の通りです。

  1. データのバックアップ
  2. データの初期化
  3. SIMカードを外す
  4. アクセサリ(液晶画面の保護フィルムやスマホのケース)を外す
  5. 「iMessage」のオフ(設定→メッセージ→iMessege)
  6. 「iPhoneを探す」のオフ(設定→パスワードとアカウント→iCloud→iPhoneを探す)

修理の際に故障で電源が入らないようなら、可能なものだけで大丈夫のようです。

その他、細かい部分は「iPhone、iPad、iPod touch を修理に出す準備をする」を参照ください。

以上、iPhoneの配送修理前にすることでした。

iPhone配送修理で「有効な電話番号を入力してください」の対処法

iPhoneの配送修理「有効な電話番号を入力してください」とエラー表示

iPhoneで配送修理を出そうとAppleのサイトから情報を入力。

電話番号を入力すると、「有効な電話番号を入力してください」と表示され、何度繰り返しても電話番号が入力できない、という状態になります。

原因はわかりませんが、対処法は簡単です。

電話番号の最初の数字「090ー」というときの「0」を抜いて、「90」から入れると有効になります。

また、クレジットカードの情報を入れる際に、期限の日付が入力できないこともあります。

こちらは、たとえばクレジットカードに記載されている期限が「06/22」とあれば、そのまま「0622」と入力します(2022年、6月、という意味)。

入力できない場合も、何度か繰り返すと入力できるようになります。

以上、iPhoneの配送修理で「有効な電話番号を入力してください」と表示された際の対処法でした。