ライフ

Twitterの「ツイートを送信しました」は「いらない」の声多数、消し方は?

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

Twitterの「ツイートを送信しました」は「いらない」の声多数、消し方は?

Twitterの公式アプリが最近アップデートされ、ツイートを送信するたびに「ツイートを送信しました」と画面下に表示されるようになりました。

ツイートを送信するたびに表示され、一瞬もう「いいね」や「リツイート」がされたのか、と思うも、単なる報告。

タップすると、自分がツイートしたツイートに飛びます。全てが当たり前の機能で、ほとんど意味のない表示です。

この「ツイートを送信しました」の表示には、「いらない」の声も多数挙がっています。

やはり「自分でツイートをしたのだからそんなことは分かっている」という声が多く、「ツイートを送信できませんでした」があればあとは送信できたと分かるわけで送信できたという報告は必要ないでしょう。

特にメリットが見当たりません。

それでは、この「ツイートを送信しました」の表示を消す方法はあるのでしょうか。

消し方は?

残念ながら、現在のところ「ツイートを送信しました」の消し方は見つかりませんでした。

現状では、「消せない」ようです。

ツイートを自分でしているという感覚がないからツイートが次々にできるのであって、いちいち「ツイートを送信しました」と、「あなたがツイートをした」という事実を突きつけられると、ツイートをする意欲が減退します。

もしかしたらTwitter社としては、「あなたが確かにそのツイートを送信した(ほんとうにそのツイートをしても大丈夫でしたか?)」と意識させる効果を狙ったのかもしれません。

特に狙いがなく、単におしゃれだから、親切だから、という理由なら、この不満の声で元に戻してくれるかもしれませんが、狙いが別にあるなら、当面はこの表示は消せないかもしれません。