SNS

イスラエル発SNS「Wisdo」とは

イスラエル発SNS「Wisdo」とは

先日、イスラエル発のSNSサービス「Wisdo」が、インテルから12億円の資金を調達した、というニュースがありました。

テルアビブに本拠地がある、ソーシャルアプリサービスの企業です。

Wisdoとは、一体どういったサービスなのでしょうか。

ざっくり言えば、Wisdoの特徴は、同じ悩みを持ったり体験をしているひと同士を繋ぐSNSです。創業者のBoaz Gaon氏は、Wisdoの理念について次のように発言しています。

「このアプリが生まれたのは、私の父がガンにかかったことがきっかけだった。私はガンについて知らず、誰かに助言を求めたかった。同じ経験を持つ人々をマッチングし、各自が持つ知恵をシェアできるサービスとしてWisdoを立ち上げた」

「人々が人生で遭遇する困難をマッピングし、自分が今どこにいるのか、次はどこに進むべきなのかが分かるプラットフォームを構築しようと思った」

出典 : イスラエル発の「次世代SNS」、インテルから12億円を調達

Wisdoでは、特許済みのアルゴリズムを駆使し、同じ困難を経験したひと同士を繋いでいきます。

また、うつ病やADHD、養子縁組や子育て問題、体型コンプレックスまで様々な悩みに特化したグループがあり、そこで交流を図ることができます。

まだ日本語版のアプリはありませんが、iPhoneやAndroidで普通にインストールし、参加することができます。

登録方法は、アプリをインストールし、フェイスブックや電話番号、メールアドレスなどを入力するだけです。

mixiのコミュニティが、こういった機能を果たしていましたが、そのコミュニティに集中し、悩みに特化したSNSサービスのようです。

今後は日本も含め、どういった動きを見せるでしょうか。また日本では流行るのか、注目です。

インスタ「質問」は匿名? 名前が相手にバレる?

インスタの「質問」は、名前が相手にバレる

インスタで新機能「質問」が使えるようになりました。

質問は、インスタのストーリーで使用できる機能で、ストーリーの投稿者が投稿した動画や映像にまつわる質問(メッセージ)を受け付け、見ているひとが質問したり、質問に回答することができる機能です。

インスタの新機能「質問」が使えない、回答できないときの対処法

サラハやPeing(質問箱)のような質問箱がすでにありますが、こうしたサービスとインスタの質問の違いはなんでしょうか。

一つの違いとしては、特定の写真や動画と関連づけることで、なんでも質問する、というよりも、この映像に関する質問やメッセージを募れる、というテーマを決められる、ということがあります。

また、もう一つ、これが重要な違いですが、インスタの質問は匿名ではありません。

誰が(質問)回答したか、名前が相手にバレる仕組みになっています。

サラハや質問箱のような匿名のメッセージ機能と同じだと思って悪口を書いたり、「大好きだーーー!」と同級生に送ると、だいぶ恥ずかしくいたたまれない想いをすることになるので注意が必要です。

ただ、相手にはバレるのですが、そのひとが誰からの質問か公開しないかぎりは、他の人たちにバレることはありません。