虹色のナンバープレートとは

虹色のナンバープレートとは

走っている自動車を見ていると、ときどき妙に派手なナンバープレートを見かけることはないでしょうか。

車の虹色のナンバープレート

こんな風に、虹色のナンバープレートをつけている車があります。

僕も、初めてこの虹色のデザインのナンバープレートを見たときは、改造車か何かだと思って結構ぎょっとした覚えがあります。

そもそも、車のナンバープレートにデザインが入っていることは、違法にはならないのでしょうか。

実は、2015年に図柄入りナンバープレート制度が始まり、ナンバープレートに広告塔としてデザインを入れてもいい、という決まりになっています(もちろん個人で勝手に行なってはいけません)。

このように、各都道府県や地域で、山や電車や川や花火など、その地の自然や文化がナンバープレートにデザインされています。

虹色は、東京オリンピック、パラリンピックのデザイン

この虹色のナンバープレートは、東京オリンピック、パラリンピック仕様のデザインで、虹色のものは、 1000円以上の寄付金で使うことができます(寄付金は、バスやタクシーのバリアフリー化に使われます)。

虹色のデザイン案は、一般公募されたもの。

このデザインは、「様々な人々の個性(色)を尊重した未来の社会への希望を集約する光の表現としてイメージ、その様を多彩色のグラフィック表現でナンバープレートにデザインした」そうです。

以上、虹色のナンバープレートの正体でした。