雑学

注の記号「※」とは〜読み方や意味、由来、使い方や英語訳など〜

注の記号「※」とは〜読み方や意味、由来、使い方や英語訳など

普段パソコンで文章などを書くときに、注釈をつけたい場合があると思います。

注釈をつける際は、「注」などと、そのまま漢字でつける場合(複数ある場合は「注1」「注2」と数字をつける)もあれば、記号を用いるパターンもあります。

注の記号として、「※」が使用されますが、今回はこの「※」の読み方や使い方、由来などを紹介したいと思います。

※とは

まず、「※」の読み方は、「米印(こめじるし)」と読み、これは「正式名称」です。

だから、パソコンで「※」を打つ場合、キーボードならたとえばshiftを押しながら「*」を打ち、変換すると「※」が出ますが、「こめじるし」を変換しても「※」が出てきます。

一方、iPhoneの場合は、「こめじるし」の変換では表示されず、記号を表示するキーに変えてから「4」の部分を三回タップし、変換すると「※」が出てきます。

この「※」単独に意味はなく、「しるし物」と呼ばれる目印となったり装飾をほどこす記号として扱われています。

それでは一体なぜ、「米印」と呼ぶのでしょうか。

読み方は、単純に形に理由があり、日本語の「米」という字を傾けた形に似ていることから、「米印」と呼ばれています。米印は基本的に注釈記号として使用されますが、その形から、米穀店が看板のシンボルマークとして使用される場合もあります。

使い方

文章内で※を使う場合、使い方としては注釈や補足、箇条書きなどの際に使用されるのが一般的です。

用例1「注釈」

台風一過の影響で、昨日の最高気温は9月の気温としては観測史上二番目(※1)の暑さとなりました。

※1 観測史上最高は、19××年の◯◯県

用例2「補足」

運動会の日程 令和元年10月10日

※雨天決行

用例3「箇条書き」

契約の更新に必要なもの

※印鑑
※免許証
※証明写真

英語では

ところで、この「※(米印)」は、英語では使われているのでしょうか。

英語の世界では、米印はなく、代わりに「*(全角)」や「*(半角)」が使用されます。これは「アスタリスク、アステリスク(asterisk)」と呼び、日本語だと星、星印などと言われます。

asterはギリシャ語で星(star)を意味します。

日本で使われる「※」は米という漢字に由来し、英語などで使われる「*(アスタリスク)」は、星の形から来ているというルーツの違いはありますが、使い方にはほとんど違いはありません。

ちなみに、この「*(アスタリスク)」が縦に二つ並んだ「⁑」の読み方はダブルアステ。三つが三角になった「⁂」は、「アスタリズム」と言います(「*」の補助目的で使われるものですが、ほとんど使われることはありません)。

ちなみに電話に♯の記号とともに、もう一つ「*」と似ている(よく見ると微妙に違う)記号があります。

画像 : 日本ITU協会

これは世界共通で決まっている記号(正式名称は決まっていません)で、日本だと米印と呼ばれていますが、海外では「アスタリスク」や「スター」などと呼ばれています(「♯」は海外だと「ハッシュ」や「スクエア」など)。

2019年のカレンダーの元号、五月からどうなる?

2019年のカレンダーの元号、五月からどうなる?

2019年の五月から新元号に変わります。

西暦が使用されるカレンダーは別にして、和風のカレンダーの場合、「平成」を使いますが、果たして五月からの新元号は一体どうなるのでしょうか。

どうやら、四月までは平成と表記され、五月以降は記載しないようにしているカレンダー会社が多いようです。

椅子取りゲームの世界事情〜海外にもある?〜

海外の椅子取りゲーム

子供の頃に遊んだゲームの一つに「椅子取りゲーム」があると思います。

この誰もが何の気なしに遊んでいた椅子取りゲーム、一体いつから始まったのでしょうか。椅子取りゲームの起源を調べているうちに、どうやら海外にも椅子取りゲームがあるということを知りました。

そこで世界中の椅子取りゲームの映像をまとめてみたのでよかったらご覧下さい。

https://www.noraneko.tokyo/?p=4364

Musical Chairs(アメリカ)

まずはアメリカの椅子取りゲームです。

他の映像を見ても、日本の椅子取りゲームと基本的に一緒で、円状に椅子を並べ、一つ減らし、音楽をかけて止まったら座る、というルールのようです。

 

Музыкальные стулья(ロシア)

これはロシアの椅子取りゲームの様子ですね。

やっぱりルールは一緒で、音楽に合わせて椅子のまわりをぐるぐると回り、音楽が止まると座ります。

 

Reise nach Jerusalem(ドイツ)

ドイツの椅子取りゲームの様子。

同じく、足りない椅子と音楽。そして音楽が止まったら取り合うルールで行われています。

 

音乐椅(中国)

日本と同じアジア圏ではいかがでしょうか。

中国にも、ちゃんとありました。椅子取りゲーム。恐る恐る歩く感じが、なんとなく日本の椅子取りゲームと空気感が似ていますね。

 

เก้าอี้ดนตรี(タイ)

タイにも椅子取りゲームはありました。

まったく同じですね。背景ではタイらしい音楽が流れています。

 

الكراسي الموسيقية(アラビア圏)

どこの国かわかりませんが、アラビア語圏にも椅子取りゲームがありました。

こちらも中東風の音楽でゲームは行われています。

 

El juego de las sillas / Baile de la Silla(アルゼンチン)

こちらはラテン系のノリで行われる椅子取りゲーム。

動画の説明書きを見るかぎり、アルゼンチンのようです。

 

世界の椅子取りゲーム事情まとめ

お分かりのように、アジア、欧米、南米、中東と、世界中に椅子取りゲームがあり、基本的なルールは世界で全く一緒のようです。

意外とサッカーと同じくらい、世界大会を行ったら参加国が多いかもしれません。

しかし、これだけ世界中に浸透している椅子取りゲームですが、どれだけ探しても起源や歴史といったものの情報は見つかりませんでした。

椅子取りゲームは結構メッセージ性の強いゲームだと思うのですが、ルーツが分からない、というのは謎めいていますね(都市伝説がありそう)。

椅子自体が日本の江戸時代などでは一般的になかったことや、最後の一つの座(王座)を手にする、という世界観を考えると、やはり中東やヨーロッパに由来するような気もします。

以上、椅子取りゲームの世界事情でした。

椅子取りゲームのルール

意外と残酷? 椅子取りゲーム

皆さんも、子供の頃に「椅子取りゲーム」をして遊んだことがあったのではないでしょうか。

椅子の数を、椅子取りゲームの参加者の数よりも少なくして、音楽を流し、音楽が止まったら椅子に座る。

座れなかったものはゲームから退場し、徐々に椅子の数を減らしていって最後の一つの席を争い合う。

考えてみれば結構残酷なゲームですよね。

体格差は考慮されませんし、苦手だったというひとも多いのではないでしょうか。

今日は、そんな椅子取りゲームのルールについて、あらためて解説したいと思います。

椅子取りゲームのルール

それでは、椅子取りゲームのルールを紹介したいと思います。

[box04 title=”椅子取りゲームのルール”]

1、まず椅子を円状に並べ、参加者は椅子の前に立ちます。椅子の数は、参加者の総数より少なくします。

2、音楽が鳴り始め、参加者は音楽と一緒に椅子のまわりを回ります。音楽は基本オクラホマミキサーが使用されます。

3、音楽が止まるとみんな椅子に座る。そのとき椅子に座れなかったものが退場になる。

4、椅子を減らしていって最後の一つに座れたものが勝ち。

[/box04]

以上、椅子取りゲームのルールでした。

https://www.noraneko.tokyo/?p=4371

人文書の意味(定義)及び、文芸書との違いとは

人文書とは

前回、本屋でよく見るジャンル「文芸書」の定義についてお話しました。

https://www.noraneko.tokyo/?p=4173

簡単におさらいすると、「文芸書」は、「文字を使った芸術作品全般」を意味する、ということでした。

さて、この「文芸書」と似ているジャンルとして「人文書」というジャンルがあります。

まだ「文芸書」はさらっと入れる棚ですが、「人文書」となるとちょっとハードルが高く、本の奥地という感じがするかもしれません。

きょうは、そんな「人文書」の定義について解説したいと思います。

人文書の定義とは

先ほど、「文芸書」とは、「文字を使った芸術作品全般」という風に言いましたが、ざっくり言えば「文学作品」です。

一方、「人文書」を個人的に定義するなら、「文系分野を分析する、学問に関する本」かな、と思います。

この「人文書」には、「社会」「教育」「歴史」「心理」「宗教」「哲学・思想」といったものが含まれます。

これらは、ものごとを客観的に見て、分析する「学問書」です。

広い意味では「芸術作品」だと言われるかもしれませんが、狭義の意味では、「芸術作品」とは言えないでしょう。

文芸書と人文書の違い

最後に、文芸書と人文書の違いについて簡単にまとめたいと思います。

文芸書が、小説や詩といった「文学作品」なのに対し、人文書は、文系分野を客観的に分析する「学問書」です。

以上、「人文書」の定義でした。