健康

インスタで自撮りばかりアップするのは心の病気? 「自撮り依存症」の原因と対策や治療法は?

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

インスタなどで自撮りのアップばかりは「依存症」

インスタやツイッターなどのSNSで自撮りばかりをアップするのは精神疾患(心の病気)の危険性があると心理学者は警鐘を鳴らします。

インスタなどで自撮りばかりをアップするひと、皆さんの周り(フォロワーさん)にもいるのではないでしょうか。

こうした、どうしても自撮りがやめられない、みんなに自撮りを見て欲しいというのは、「自撮り(セルフィー)依存症」という心の病気であるという声があり、この自撮り依存症には以下の三つのレベルがあると言います。

もし自撮りがやめられないようなら、セルフチェックしてみて下さい。

 

境界線段階

1日に少なくとも3回はセルフィーを撮るが、SNSには投稿しない。

 

急性疾患期

セルフィーを実際に3回は投稿してしまう。

 

慢性疾患期

一日中自分の写真を撮りたいという抑えきれない衝動に駆られ、日に6回以上セルフィーを投稿する。



自撮り依存症の原因

それでは、この「自撮り依存症」の原因はなんでしょうか。

専門家は、依存症になる心理的な要因として、以下の二つを挙げています。

1、目立ちたがり屋だが自信が欠如している。

2、自分の社会的地位を向上させたいと願い、自分の写真を絶えず投稿することで何らかの集団に属している実感を得たがっている。

自撮りをアップして「いいね」をもらうことで「自信の欠如を埋められる」。また、「社会的な仲間に属せる」ような感覚になることから、自撮り(セルフィー)がやめられない悪循環にはまってしまうのです。

自撮り依存症の対策と治療法

まだ治療法について確立しているわけではありませんが、これは「スマホ依存」とも密接に関わっている問題と言えるでしょう。孤立した人々のぽっかりと空いた心理を、スマホ(繋がり)が埋めてくれる。

そういう点では、なるべくスマホの電源を切って距離を遠ざけたり、「孤独」を楽しむ習慣や趣味を身につける、体を動かすといった対策がスマホ(自撮り)依存症の治療に当たって重要なポイントになるでしょう。

そうして孤独な時間を楽しみながら、ほどよくインスタやツイッターなどと付き合っていくことが肝心です。

また、心の病気(依存症)は個人だけの努力では難しい場合も多いので、社会としても、スマホの規制やデジタル断食の啓蒙、あるいは人々の居場所の確保といった対策が求められるでしょう。

ただ一点、個人でスマホに依存することと自撮り依存症の大きな違いは、トラブルに巻き込まれる危険性(ストーカーや顔写真の悪用など)が高まることなので、その点も注意が必要です。