雑学

スマホの由来とは なぜ「スマートフォン」なのに「スマフォ」じゃなく「スマホ」? 

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

「ホ」はどこからやってきた?

 

 

さて問題です。

これの名前、なんだかわかりますか?

 

 

携帯電話? (もう少し範囲を狭めて)

 

 

iPhone?  (もうちょっとだけ広げて)

 

 

 

そう、「スマホ」です。

今やだれもが持っている「スマホ」。スマホの保有率は8割にものぼると言います。

ところで、この「スマホ」、一体なんの略かご存知でしょうか?

もちろん、「スマートフォン」ですね。

スマートフォンの略で、スマホです。

 

 

 

 

?????????

 

 

 

 

 

ス、マ、ホ

 

 

 

 

 

ホ???

 

 

 

 

 

そうなんです、「スマートフォン」にはどこにも「ホ」がないんです!

なぜか、知らないあいだに「ホ」が紛れ込んでるんです!

なぜ「スマートフォン」なのに「スマホ」なのでしょうか!

一体この「ホ」はどこからやってきたのでしょうか!(おちつけ)

そこで今回は、この「スマホ」の「ホ」の由来について調べてみました。

 



 

スマホの名付け親はだれ? 「スマホ」の由来とは

 

スマホ、というキャッチーな言葉。

これがもし「スマフォ」、だったら所有率はまだ3割程度だったでしょう。

よほどのコピーライターを電話会社は雇ったに違いません。

 

しかし、「スマホ」の由来を調べてみると、
どうやらスマホの名付け親と言われているのはコピーライターではなく(糸井重里ではなく)
週刊アスキー編集者の矢崎飛鳥さんだそうです(参照  :  スマートフォンの略称が「スマホ」になった理由を『週刊アスキー』の中の人に訊いてみた)。

 

japanese.engadget.com

 

スマ「ホ」の誕生については、
2007年の初代iPhoneの発売の頃にさかのぼり、
そのちょっと前から編集会議でも「スマートフォン」と「スマートホン」の
どちらの表記にするかで議論があったようです。

 

japanese.engadget.com

 

japanese.engadget.com

 

上の写真が、日本で最初に「スマホ」と表記されて
表紙になった号、2007年のことでした。

下の写真をみると、2010年の号なのですが「スマートホン」とも書かれていて
まだ混乱が残っているのが分かります。

 

議論はあったものの最終的には
満場一致で「スマホ」に決まったそうです。

理由としては、発音しやすいこと、
印刷してみてすっきりしていることなどがあったと言います。

どう考えても「スマフォ」よりは「スマホ」ですよね。
もし「スマフォ」ならふだん使うたびに語尾に(笑)をつけなければいけません。

 

 

 

スマフォ(笑)

 

 

 

以上、スマートフォンが「スマホ」と呼ばれるようになった由来でした。