由来

「エモい」の由来

エモいの意味

ここ数年、若者のあいだで頻繁に使用されるようになった言葉に「エモい」があります。

日常的に使われる「エモい」、一体どういう意味なのでしょうか。

意味は、感情が揺さぶられたり、哀愁が漂ったり、言葉にできない悲しみのような感情が湧き上がってくる心境を指します。

沈んでいく夕陽やひとりぼっちの帰り道、桜の散る春の刹那、こうした風景や風景を見て生じる感情を若者たちは「エモい」と名付けています。

これは和歌や随筆など古文に登場する、「いとをかし」や「あはれ」という言葉の意味とよく似ています。

日本語学者の飯間浩明も、同様に古代の「あはれ」と似た意味であるとしており、「『いとあはれ』と言っていた昔の宮廷人は、現代に生まれていたら『超エモい』などと表現していただろう」と述べている。

出典 :「エモい」| wikipedia

試しに日本の古典のなかから清少納言の「枕草子」の冒頭の一節を紹介します。

その後、この「枕草子」の随所に「エモい」を入れて意味を解説したいと思います。

秋は夕暮。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、からすの寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。

まいて雁(かり)などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。

出典 : 清少納言「枕草子」

これをざっくりと「エモい」を補いながら現代語訳にします。

秋は夕暮れがエモい。夕陽がさして山の端にたいへん近くなっているところに、からすが寝ぐらに行こうとして三羽四羽、二羽三羽、と飛び急ぐ、そんな様子さえもエモい。

まして、雁などが連なって飛んでいるのが、とても小さく見えるのは、もうめちゃくちゃエモい。ヤバい。泣く。

出典 : 清少納言「枕草子(エモい ver)」

感受性の繋がりを感じて面白いですよね。

ちなみに、この部分も含め実際の冒頭は、原文と現代語訳が並んで載っている「枕草子」を読んでみて下さい。

エモいの由来(語源)は

それでは、「エモい」の言葉の由来(語源)とは何なのでしょうか。

この「エモい」の「エモ」というのは、実は英語の「エモーショナル(感情)」が由来となっています。

一方で、ツイッターでは「エモい」の由来について、次のようなユニークな説も挙がっています。

「エモい」の由来は、日本語の「えもいわれぬ」ではないか、というのです。

えもいわれぬ、というのは、「言葉にできない」という意味で、たとえば、「富士山の夕陽は、えもいわれぬ美しさだった」といった風に使われます。

この「えもいわれぬ」の最初の部分をとって「エモい」と言うのではないか、という声は確かに多く、実際に「えもいわれぬ」の略語だと思っていたという声も多数あります。

ただ、もともとの由来は、やはり「エモーショナル」のようです。

でも、不思議で面白い偶然ですね。

「mol-74」の読み方と名前の由来

めちゃくちゃかっこいい、mol-74

最近、「mol-74」というバンドをよく聴いています。

いや〜、めちゃくちゃかっこいいんです、mol-74。

[chat face=”Cat-Reading-Newspaper-2.jpg” name=”野良猫” align=”right” border=”gray” bg=”none”]なあ[/chat]

mol-74の魅力を簡単に説明すると、美しくて儚い声や歌詞と、力強い演奏のギャップ、でしょうか。

たとえば「エイプリル」。僕はこの曲でmol-74が好きになりました。

MVの懐かしいフィルムっぽさもmol-74の音楽性とぴったりです。

[chat face=”Cat-Reading-Newspaper-2.jpg” name=”野良猫” align=”right” border=”gray” bg=”none”]なあって![/chat]

ぜひぜひ、このmol-74、おすすめなので聴いてみて下さい!

[chat face=”Cat-Reading-Newspaper-2.jpg” name=”野良猫” align=”right” border=”gray” bg=”none”]これ、なんて読むん?[/chat]

mol-74の読み方は

ところで、このバンド、初めて知ったとき、なんて読んでいましたか?

あるいは、今初めて知ったという方はここまでなんと読んでいたでしょうか。

モルナナジュウヨン?

モルヒクナシ?

モルセブンティーフォー?

実は、mol-74の読み方は「モルカルマイナスナナジュウヨン」と言います。

[chat face=”Cat-Reading-Newspaper-2.jpg” name=”野良猫” align=”right” border=”gray” bg=”none”]モルカルマイナスナナジュウヨン!!?[/chat] [chat face=”Cat-Reading-Newspaper-2.jpg” name=”野良猫” align=”right” border=”gray” bg=”none”]「カル」!!???[/chat]

そうなんです、僕も最初にバンド名の読み方を知ったときは、「カル」に無理がある、と思いました。

しかし、もう慣れました。

ただ、「モルカルマイナスナナジュウヨン」はバンド名としてちょっと長いですよね。

略して呼ぶ場合、なんて呼べばいいのでしょうか。

モルナナ? モルシチ?(ボルシチみたいです)

ファンの多くは前半部分を略して「モルカル」と呼んでいました。

mol-74(モルカル)のバンド名の由来は?

それでは一体なぜmol-74というバンド名になったのでしょうか。

その由来について、過去にモルカルのメンバーがずばりインタビューで答えています。

武市和希(V・G・Key)「これは……特にないですね」

出典 : 入賞インタビュー mol-74

え、由来は特にないの? というのは冗談で、実際はあるのですが、説明すると長くなる上に「へー」となるだけだから「特にない」で押しているそうです。

武市 「そもそも最初はこのメンバーじゃなくて、もうだいぶ昔に遊びで作ったようなバンドで。最初、みんな目が悪かったんで、『モグラ』って付けようか?ってなって、調べたら英語だとmoleだったんですよ。

そんな話をしてた時に――化学の本か何かを見たらmolって出てきて、意味を調べたら『集合体』みたいな意味があるって。ちょうどモグラともかかってるし、スペル的に。それと僕、数字を付けたかったんですよ、バンド名に。で、当時のメンバーはみんな高校一緒だったんで、高校に由来する方がいいのかな?っていうことで。

高校の住所の『1-15-60』のハイフンをマイナスに見立てたら『-74』になったから、『ああ、これでいいじゃん』ってmol-74になって――っていうだけなんですけど」

出典 : 入賞インタビュー mol-74

確かに、だいぶ込み入っていますね。

[box05 title=”mol-74に至る道程”]

とりあえず遊びでバンド結成 → みんな目が悪かったから「モグラ」 → 英語だとmole → 化学の本でmolが集合体という意味で、moleとかかってるなと思う → 数字も欲しい → 高校の住所が1-15-60でハイフンをマイナスにすると-74 → 「mol-74」!

[/box05]

カルは!?

結局、「モルカルマイナスナナジュウヨン」の「カル」については謎のままでした。

https://www.noraneko.tokyo/?p=4341

「水曜日のカンパネラ」と「コムアイ」の意味と由来

水曜日のカンパネラ

コムアイさんがボーカルを務める「水曜日のカンパネラ」。

癖になるリズムと言葉遣いとパフォーマンスで、噛めば噛むほど味わい深くなるスルメイカみたいなミュージシャンです。

色んな歴史上の偉人が曲のタイトルに並ぶのもユニークで特徴的ですね。

そして何より絶妙なのが、この「水曜日のカンパネラ」というグループ名です。

一体なぜ「水曜日のカンパネラ」という名前にしたのか、その由来や、「カンパネラ」の意味について紹介したいと思います。

「水曜日のカンパネラ」と「コムアイ」の由来

なぜ「水曜日のカンパネラ」という名前になったのか。

由来は、それほど深い意味はないようで、水曜日に会議が多かったことや、ひらがなと漢字とカタカナのバランスがいいことから「水曜日のカンパネラ」に決まったそうです。

ちなみにボーカルのコムアイさんの芸名の由来は、本名の輿美咲(こしみさき)にあるようです。

ツイッターのユーザー名で名前と苗字の最初を取った「コ」と「ミ」をアルファベットにした「KOMI」を使おうと思ったらもう使用されていたので、「KOM_I」にしたものを「コムアイ」としたそうです。

グループ名にしても、コムアイさんの名前の由来にしても、絶妙に自然体で流れに委ねている感じがいいですね。

「カンパネラ」と「カンパネルラ」の違い

正直告白すると、僕は途中まで「水曜日のカンパネラ」ではなく「水曜日のカンパネルラ」だと思っていました。

カンパネルラは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のジョバンニの友人です。

歴史上の人物や作家も登場する曲のタイトルを見ても、てっきり「銀河鉄道の夜」に由来するのだと思っていたら、違いましたね。

カンパネルラは、イタリア語で「小さな鐘」を意味します。

それでは、カンパネラはどういった意味なのでしょうか。

実は、この二つには意味に違いはありません。「Campanella」を、日本語で「カンパネッラ」と発音したり、「カンパネルラ」と発音したり、「カンパネラ」と発音したりしているにすぎません。

以上、「水曜日のカンパネラ」やコムアイさんの名前の由来でした。

 

PR