文芸書

人文書の意味(定義)及び、文芸書との違いとは

人文書とは

前回、本屋でよく見るジャンル「文芸書」の定義についてお話しました。

https://www.noraneko.tokyo/?p=4173

簡単におさらいすると、「文芸書」は、「文字を使った芸術作品全般」を意味する、ということでした。

さて、この「文芸書」と似ているジャンルとして「人文書」というジャンルがあります。

まだ「文芸書」はさらっと入れる棚ですが、「人文書」となるとちょっとハードルが高く、本の奥地という感じがするかもしれません。

きょうは、そんな「人文書」の定義について解説したいと思います。

人文書の定義とは

先ほど、「文芸書」とは、「文字を使った芸術作品全般」という風に言いましたが、ざっくり言えば「文学作品」です。

一方、「人文書」を個人的に定義するなら、「文系分野を分析する、学問に関する本」かな、と思います。

この「人文書」には、「社会」「教育」「歴史」「心理」「宗教」「哲学・思想」といったものが含まれます。

これらは、ものごとを客観的に見て、分析する「学問書」です。

広い意味では「芸術作品」だと言われるかもしれませんが、狭義の意味では、「芸術作品」とは言えないでしょう。

文芸書と人文書の違い

最後に、文芸書と人文書の違いについて簡単にまとめたいと思います。

文芸書が、小説や詩といった「文学作品」なのに対し、人文書は、文系分野を客観的に分析する「学問書」です。

以上、「人文書」の定義でした。

文芸書とは、その意味と定義

文芸書とは

よく本屋やテレビなどで「文芸書」という言葉を見ることがあると思います。

文芸書のランキングのコーナーをさらっと斜め読みしたり、おすすめの文芸書のサイトを参考にしたり。

しかし、そもそも「文芸書」とは一体どんな意味なのでしょうか。

文芸書の定義について考えてみると、意外とピンとこないひとも多いのではないでしょうか。

そこで、そもそも「文芸書とは」という言葉の定義について解説したいと思います。

文芸書の定義

文芸書とは、実は定義がとても曖昧で、ざっくりと文学作品全般を指します。

ある辞書では、「文字で表現された芸術作品」とあります。

こうした広い意味を持った言葉なので、ドキュメンタリーやビジネス書も、小説っぽい雰囲気があれば、それは「文芸書」に含まれるのです。

試しに、あるサイトの書店員がおすすめする「文芸書」の一部を見てみましょう(参照 : 迷ったらこれ!書店員おすすめ文芸書♪)。

新海誠『小説 君の名は。』

石原慎太郎『天才』

村田沙耶香『コンビニ人間』

やはり「小説」のようなものが全てを占めています。

KADOKAWAの文芸書のカテゴリーをみても、「小説」がずらっと並んでいます。

KADOKAWA 文芸書の新刊一覧

一方で、ランキングにはありませんが詩集なども文芸書に含まれるようです。

以上のように、「文芸書」とは、文字を使った芸術作品全般を意味するジャンルということができるでしょう。