心理

インターホン(チャイム)が怖い「インターホン恐怖症」とは

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

インターホン(チャイム)が怖い「インターホン恐怖症」とは

携帯に突然電話がかかってくるとドキッとして、ときに非常識とさえ感じる。予めLINEなどで「××時に電話するね」とアポイントメント(約束)をとってくれないと、不安になる。

電話で結局は会う約束をするのですが、会う約束をする電話をかけるための約束をLINEでする。

こうした習慣を持つひとも決して少なくはないでしょう。

そして、この「突然の電話」と似たようなこととして、「突然の訪問」というのがあります。

なんの前触れもなく、玄関のインターホン(チャイム)が鳴る。「誰…..?」と一瞬、時間が止まり、耳を澄ます。

予め約束や連絡もしないで訪問してくるのは、宅配以外(最近では宅配もメールなどで連絡がきます)は、怪しいものに決まっている。

だから、インターホンが怖い。インターホンが鳴っても出ない、出たくない、という風に思う。

こういう若者が、都市部を中心に増加し、こうした心理状態を「インターホン恐怖症」と呼びます。

このインターホン恐怖症について、アメリカで行なった調査では、実に50%以上が「インターホンを恐れている」と回答しているのです。

米カリフォルニア大学バークレー校でコンピューターサイエンスを学ぶチャナン・ワリアさん(19)は、最後にインターホンを使った時のことや玄関のドアをノックした時の状況を思い出せない。

自宅には、父親がWi-Fi(ワイファイ)接続のしゃれたインターホンをつけた。だがワリアさんは、インターホンを鳴らすこと自体が苦手だと話す。自分も友達も相手の家に着いた時にテキストメッセージを送ることに慣れすぎており、インターホンの音は不意打ちのように感じられるのだ。

20歳以下の若者について調査・分析するゼブラ・インテリジェンスの創業者、ティファニー・ゾング氏(20)は「インターホンは突然すぎる。恐ろしい」と話す。

「インターホン恐怖症」は、調査論文こそ発表されていないが、実際にある。あるツイッターユーザーが今月行ったアンケートでは、1万1000件を超える回答のうちインターホンは怖いとの回答が54%に上った。

「若者は「インターホン恐怖症」、その理由とは|THE WALL STREET JOURNAL」より

子供の頃はインターホンが鳴ると、「誰か来た」と思ってうきうきしたものです。母親に「ちょっと出てきて」と頼まれ、鍵を開けに行く。

しかし、物騒な世の中では、そういうことももう難しいのかもしれませんね。