ライフ

インスタグラム「親しい友達リスト」設定方法、バレる?

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

インスタグラムの「親しい友達リスト」とは

インスタグラムの新機能に「親しい友達リスト」というものが搭載されました。

親しい友達リストとは文字通り、「親しい友達」を選び、その親しい友達限定でストーリーが公開できる、というものです(ハイライトにも適用)。

これまでストーリーは、全員に公開されるか、個々で公開・非公開を設定する必要がありました。

しかし、この親しい友達リストによって一括で簡単に限定公開ができるようになりました。

親しい友達リストの設定方法

それでは親しい友達リストの設定方法を紹介します。

まず、インスタグラムでは現状「親しい友達リスト」は一つしか作成できません。複数のリストを使い分けることは今のところできないようです。

親しい友達リストを作成するには、右上のメニューから「親しい友達」をタップ。

すると、おすすめと表示されるので、そのおすすめで挙がっているフォロワーの名前の横にある「追加」を押しましょう。

おすすめに名前がない場合は、「検索」から名前を記入し探します。フォロワーではないひともリストに入れることが可能です。

親しい友達リスト設定で通知がいって相手にバレることは?

親しい友達リストに入れることで、相手に通知がいったりしてリストに入れることはバレるのでしょうか。

ちょっと照れ臭いですが基本的には(通知はいきませんが)「バレる」仕組みになっています。

わざわざ、「○○さんがあなたを親しい友達リストに入れました」という通知はいきません(リストから削除した場合も同様です)。

しかし、ストーリーで親しい友達限定で公開すると、輪っかが赤から緑になっているので、見る側も、あ、自分は「親しい友達リスト」に入っているんだなと気づきます(リストのメンバーに誰が入っているかは知られることはありません)。

また、逆に、リストに入っていないひとに、「自分は親しい友達リストに入れてもらえてないんだ」とバレることも基本はありません。

ただし、親しい友達リストに入っているひとのスマホから、たまたまそのひとが横から覗き見て、緑の輪っかがついているのが見えたら、自分は入っていない、とバレることもあるかもしれません。

以上、インスタグラムの親しい友達リストの設定方法でした。