音楽

なぜ? Kiroro『未来へ』がマレーシアで人気の理由に「イスラム教」

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

マレーシアで人気の日本の歌

マレーシアで大人気の日本人ミュージシャンをご存知でしょうか。

マレーシアでは、女性二人組Kiroroの曲『未来へ』が大人気だそうです。Kiroroは、沖縄出身のデュオで、紅白歌合戦にも出場した日本でも人気のミュージシャンです。

Kiroroの『未来へ』は、もう二十年前に発売された曲ですが、マレーシアでは今でも人気で、多くのマレーシア国民が日本語で歌えるそうです。

一体なぜマレーシアでKiroroの『未来へ』が人気となったのでしょうか。

そこには、『未来へ』の歌詞と、マレーシアの国教であるイスラム教の教えとの共通点があるようです。

『未来へ』の歌詞とイスラム教の教え

Kiroroの『未来へ』の歌詞には、母への感謝が詰まっています。

実は、イスラム教の教えでも、この母への感謝の心はとても重んじられています。

「母親に良くあり、尽くしなさい。そして母親、また母親、その後父親、そして近親類はその後に来る者達である。」[マズハリ]

出典 : イスラム教は「母親」に関して何と言っているか?

こうした理由から、マレーシアでKiroroの『未来へ』が浸透していきました。

学校の卒業ソングとしても歌われ、多くのマレーシア人のなかで今も大切な曲として広まっているそうです。

マレーシア(ボルネオ)で一番有名な日本の曲、何だと思いますか?
「上を向いて歩こう」?
これも有名ですが、もっと有名な曲があります。

それは、KIROROの「未来へ」。

私がマレーシアに来た7年前から今に至るまで、
不動の一位ですね
ローカルのラジオからも、マレーシアの曲に混じって
普通に「未来へ」が流れてきます。
外国の曲と言う違和感は全くありません。
(時々、KIROROの「Winter Song」や「長い間」も流れることがあります)
この曲がかかると、そこらへんに居る人たちで
「ほ~らぁ」の大合唱が始まるくらい、大人気です。

出典 : マレーシアで一番有名な日本の曲

ちなみに、Kiroroの『未来へ』がそれほどマレーシアで人気となったきっかけは一体なんだったのでしょうか。

一説にはJICA(国際協力機構)の日本人スタッフの影響があったのではないか、と言われています。

JICAのスタッフがマレーシアで日本語教育の一環として教えた歌が、このKiroroの『未来へ』で、そこから徐々に広まっていった、という説があるようです。