国内

昭和54年ドラフト1位元巨人投手「林泰宏」の顔写真は?

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

昭和54年ドラフト1位元巨人投手は誰?

報道によれば、昭和54年にドラフト1位で巨人に入団した投手が逮捕される、と言います。

外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける東郷証券(東京都港区)が顧客に損失補填(ほてん)を行った疑いが強まったとして、東京地検特捜部が、同社の男性取締役(57)を金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)容疑で近く立件する方針を固めたことが12日、関係者への取材で分かった。特捜部はすでにこの取締役らから事情聴取。

出典 : 元巨人投手の証券会社幹部を立件へ 東京地検特捜部

この元巨人投手は、昭和54年にドラフト1位で巨人に入団、引退後は、証券業界に入り、親会社の取締役として、東郷証券の実質的な経営者だったようです。

記事では、「昭和54年ドラフト1位の元巨人投手」としか表記されず、名前の報道ではありませんでした。

この元巨人投手とは一体誰なのでしょうか。

林 泰宏(はやし やすひろ)とは

逮捕されると報道の出た元巨人投手の名前は、林泰宏さん(57)です。

林泰宏さんは、1961年生まれの実業家。熊本県出身で、尼崎高校時代には、エースで4番バッターとして1979年夏の甲子園予選で決勝に進出するも、明石南高に0−1で惜敗。

その年、1979年(昭和54年)のドラフト1位で巨人に指名。同期(ドラフト3位)には巨人一筋で、引退後にはコーチも勤めている岡崎郁さんもいます。

未完の大器として期待されたものの、伸び悩み、一軍出場はなし。近鉄にトレードされるも出場経験はなくオフに自由契約。その後大洋ホエールズの入団テストを受け、入団。しかし二軍戦に一度登板したきりで自由契約。

そのまま引退することになりました。

林泰宏さんの家族は、奥さんは、アイドルだった黒木真由美さんと巨人時代に結婚していますが、のちに離婚。タレントの黒木マリナさんは、林泰宏さんと黒木真由美さんの娘になります。

引退後に、証券会社に勤め、取締役社長でもあった林泰宏さんでしたが、今回東京特捜部によって立件される見通しとなっています。


林泰宏さんの顔写真は?

林泰宏さんの顔写真など画像については、現役時代のものは見つかりませんでした。

証券会社の社長時代の顔写真は、2005年の先物取引ニュースに掲載されています。

 
画像 : 先物協会ニュース

以上、昭和54年ドラフト1位で巨人に入団した林泰宏さんでした。