健康

イギリスで流行、スーパーコールドとは

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

イギリスで流行、スーパーコールドとは

イギリスで、最近流行しているのが、超風邪とでも翻訳するのでしょうか、「スーパーコールド」という風邪です。

スーパーコールドの症状としては、チェーンソーできられたような喉の痛みなどが特徴で、免疫力の低下が原因として挙げられています。

チェーンソーできられたような喉の痛みを訴える英国人が増加中。英国では新型コロナでもインフルエンザでもない症状を訴える人が増加中。現地メディアによるとスーパーコールドの正体はただの風邪。免疫力が低下し激しい症状を引き起こしている可能性。

出典 : 英国・患者急増「スーパーコールド」とは

新型コロナでも、インフルエンザでもなく、重たい症状を引き起こす「スーパーコールド」。

数週間で何十万人もの風邪の患者が、激しい風邪に苦しんでいると言い、史上最悪とも称されるほど。

長い社会的距離やマスクの着用によって感染が制限されたことで、免疫力低下を招き、症状がより悪化している可能性も指摘されています。

また、接種者を中心に流行っているという話もあり、もともと懸念される現象にADEや他の感染症に対する免疫低下などもあったことから、この冬、日本でもスーパーコールドが流行する可能性は否定できません。