文化

新元号「令和」の現代語訳は? 文字を書いたのは誰?

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

新元号「令和」出典の現代語訳

新元号「令和」が発表されました。

令和は、読み方が「れいわ」で、出典は万葉集の「梅花の歌三十二首并せて序」という序文の一節です。

以下は、その引用と、現代語訳になります。

天平二年正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。時に、初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。言(こと)を一室の裏(うら)に忘れ、衿(ころものくび)を煙霞(えんか)の外に開く。淡然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を述(の)べむ。詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宜(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

現代語訳

2月のいい感じの季節に、家に集まって、宴会(花見)を開く。初春のめでたい月が照らし、空気はよく風はやわらかに、梅は鏡の前で美女おしろいで装うように花を開き、蘭の花が着飾って薫っている。雲が移り動き、松は薄い布の様な綺麗な雲をまとって、蓋をさしかけた様に見え、夕方の山の頂には霧がかり、鳥はその薄霧の中で迷っている。庭では新しい蝶が舞い、空では去年の雁が帰っていく。天を屋根にして、地面を席にし、膝を近づけ酒を交わす。人々は言葉を忘れるほど盛り上がり、楽しく和やかで心がくつろいでいる。とても満ち足りた思いである。この気持ちを文筆しなければ、どうやって気持ちを表現すればいいのか。中国にも多くの詩があるが、昔と今で何も立場に違いはないでしょう。この情景をお題に短歌を作りたまえ。

出典 : 新元号が「令和」に決定!その意味は?万葉集から取った元号の現代風解説アリ!

令和の令は、「令月(めでたい月)」の令ですね。

令は単独だと法律や掟のような意味合いになりますが、令月の場合の令は「よい」「めでたい」という意味になります。

とても風流で、和やかな美文ですね。

この新元号の「令和」には、自然を愛でること、文化を育むという思いが込められているようです。

新元号「令和」の文字は誰が書いた?

新元号の発表の際に注目されるのが、官房長官が出す達筆な文字です。

前回平成の元号発表のときの文字を書いたのは、河東純一さんという官僚で書家の方でしたが、今回菅官房長官が掲げる新元号「令和」の文字は一体誰が書いたのでしょうか。

この文字を書いたのは、内閣府辞令専門官として国の辞令や文書等の筆書の業務に携わっている「茂住修身」さんです。

茂住修身さんは、大東文化大学卒業で書家でもあり、この「令和」を書くに当たってテレビ局の取材には「言わなくてわかると思うけど今はごめんなさい」と答えています。

何か達筆で著名な書道家の方にお願いするのではなく、官僚としてすでに文書を書くことに携わっているひとが書くんですね。