文化

「令和」由来『万葉集』の「梅花の歌三十二首并せて序(序文)」の作者は誰?

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

「令和」由来『万葉集』の「梅花の歌三十二首并せて序(序文)」の作者は誰?

新元号「令和(れいわ)」の出典となった万葉集は、7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集です。

天皇から大道芸人、作者不詳の和歌まで様々な身分の人々が詠んだ作品が4500首以上収録されています。

万葉集のうち、「梅花の歌三十二首并せて序」という梅花の宴を開いたときに詠まれた32首の和歌が収録された部分の序文が、新元号「令和」の由来となっています。

序文の一節に、次のような箇所があります。

原文

時に、初春の令月(れいげつ)にして、気淑く(き よく)風和ぎ(かぜ やわらぎ)、梅は鏡前の粉(こ)を披き(ひらき)、蘭は珮後(はいご)の香を薫す(かおらす)。

現代語訳

時あたかも新春の好き月(よきつき)、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉(おしろい)のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりをただよわせている。

ここで使用される「令月」という言葉が、「好き月」、めでたい月、素晴らしい月という意味で、「風和らぎ」の「和」と合わせて「令月」という元号になります。

この「令和」の提案者と言われているのが、日本文学者で『萬葉集 全訳注 原文付』の著者でもある中西進さんです(参照 :「令和」の典拠 万葉集 梅花の歌 中西進さんはこう訳した|NHK)。

天平2年(730年)の正月13日、太宰府の長官だった大伴旅人(おおとものたびと)の家の梅園に、山上憶良(やまのうえのおくら)や下僚ら約30人が集まって催された「梅花の宴」の宴席。

庭に咲く梅の花を眺め、中国でも梅の詩がある。今も昔も変わらない。このときの感慨を和歌にしよう、と序文では語られています。

それでは、この「令和」の由来となった序文「梅花の歌三十二首并せて序」の作者は一体誰なのでしょうか。

実は、作者が誰かははっきりとは分かっていません。

大伴旅人、山上憶良などの説があります。

岩波文庫さんによれば、大伴旅人作者説が濃厚のようです。

大伴旅人は、この「梅花の歌三二首」で、次のような歌を詠んでいます。

わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも(私の庭に梅の花が散っている、まるで天から雪が流れ来るように)。