国内

出張先で上司と部下が同室でもセクハラ

出張先で上司と部下が同室でもセクハラ

以前、弘前大学で、准教授のセクハラ行為が問題になったことがあります。

そのセクハラの内容というのが、担当しているゼミの女子学生と、アジアに調査旅行をした際に同室で13泊した、というものでした。

同室だった理由として、ホテルは同室のほうが安全で安い、と准教授は説明。このセクハラ問題発覚で、この准教授は大学側から停職6ヶ月の懲戒処分を受けました。

女子学生は、「出発前から同室と決まっていた。いやだったが、先生が不機嫌になると思い、仕方ないと自分に言い聞かせた」と語っています。

女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

こうした類のセクハラ問題は、大学のいわゆるアカハラだけでなく、企業でもあるのではないでしょうか。

出張先のホテルに泊まる際、同室のほうが安いからという理由で上司が部下と同室になる、というのが、たとえ男女間でも行なっている会社があるようです。

私の夫のことです。
30代で小さな会社に勤務しています。

夫はしばしば出張をするのですが、その時、滞在のホテルは
同僚の女性と同じ部屋です。
彼女たちは、私とも交流がある、よく知っている人たちです。
びっくりしました。

結婚直後、それを知り、もちろん不快でしたが、その女性の同僚は私の知り合いでもあり、信頼できる人でしたし、私もプライドがあるので気にしていないふりをしていました。

出典 : 異性の同僚と同室で出張|発言小町

当事者だけでなく、パートーナーの立場からしても、普通に考えて恋人や配偶者が出張先で上司ないしは部下と同室というのは嫌だと思いますし、異性はもちろん、同性でも問題があるような気がします。

この質問の回答にも、「ありえない」「セクハラだ」という声が殺到しているので、こういう企業は少数派ではあるのでしょうが、弘前大学の学生と同室というケースと同様、もしこういう会社があるなら、セクハラとしてしっかり改善していったほうがよいのではないでしょうか。

また、たとえ同室でなくとも、男性上司と女性部下の関係性で二人で出張させる、ということを会社が命じること自体にも疑問が持たれます。

セクハラ問題に詳しい杉山弁護士は、次のように指摘しています。

「出張は、セクハラの相談件数も多いシチュエーションであり、女性部下と2人きりの出張を命じるような会社は、昨今のセクハラ問題への認識の甘さや、労務管理に問題があると言えます。」

出典 : 女性部下と2人きり…セクハラを疑われない出張中の過ごし方は?

セクハラと男性側が疑われることもあるので、企業側も部屋の選定だけでなく泊まりの出張については気を遣う必要があるでしょう。

車で虹色のナンバープレートは違反?

車で虹色のナンバープレートは違反?

走っている自動車を見ていると、ときどき妙に派手なナンバープレートを見かけることはないでしょうか。

車の虹色のナンバープレート

こんな、虹色のナンバープレート。

僕も、初めてこの虹色のデザインを見たときは改造車か何かだと思って結構ぎょっとしました。

そもそも車のナンバープレートにデザインが入っていて違反にはならないのでしょうか。

実は、2015年に図柄入りナンバープレート制度が始まり、ナンバープレートに広告塔としてデザインを入れてもいい、という決まりになっています(もちろん個人で勝手に行なってはいけません)。

このように、各都道府県や地域で、山や電車や川や花火などその地の自然や文化がナンバープレートにデザインされています。

東京オリンピック、パラリンピックのデザイン

この虹色のナンバープレートは、東京オリンピック、パラリンピック仕様のデザインで、虹色のものは、1000円以上の寄付金で使うことができます(寄付金はバスやタクシーのバリアフリー化に使われます)。

この虹色のデザイン案は一般公募されたもの。

このデザインは、「様々な人々の個性(色)を尊重した未来の社会への希望を集約する光の表現としてイメージ、その様を多彩色のグラフィック表現でナンバープレートにデザインした」そうです。

福岡の謎の水中生物の正体は?【動画あり】

福岡の謎の水中生物の正体は?【動画あり】

福岡で英語教師の方が撮影したという謎の水中生物。

福岡市内で発見された水中生物の動画

この謎の水中生物が見つかった場所は福岡市中央区鳥飼の樋井川です。

河口から約二キロ付近で、上流に向かって泳いでいったそうです。

一体正体は何者なのでしょうか。

ネット上では、「マンボウ」という意見が大方でした。

また他のメディアで報道されている情報から見ても、どうやら「マンボウ」で確かのようです。

その後、浅瀬で衰弱しているマンボウが発見され、男性たちに川の深いところに連れていかれたのですが、結局まもなく川の底で死んでいるマンボウが発見されました。

福岡県によれば、川でマンボウが見つかったのは今回が初で、なぜ川に迷い込んだのか理由は定かではないようです。

JR中央線、鹿と衝突で遅延!?

JR中央線、鹿と衝突で遅延

JR中央線が、朝方、青梅線の鹿と衝突の影響で遅延。東京都内の鹿と衝突事案にネット上もざわついていました。

東京で鹿と衝突ってなぜ、と思うひともいるかもしれませんが、東京は実際高層ビルが立ち並んでいる場所も多い一方で都心からちょっと離れるとのどかな田舎も結構ありますよね。

なぜ郵便物を隠すのか、動機を考える

郵便物を空き家に隠す事件発生

大量の郵便物を隠す、という謎の事件が発生しました。

事件があったのは、宮城県登米市にある郵便局。この郵便局の配達員である岩渕智彦容疑者(年齢は51歳)が、2016年から2018年にかけて郵便物5通を所有する空き家に隠し持っていたという郵便法違反の疑いで逮捕されました。

5通ということは、特定の郵便物を狙った犯行で、何かストーカーなどの動機があるのか、と思ったのですが、隠していた郵便物は5通どころではありませんでした。

この空き家と岩渕容疑者の車からは、未配達の郵便物約3万7000通が見つかっていて、警察は、岩渕容疑者が、日常的に郵便物を隠していたとみて余罪を追及しています。

出典 : 余罪3万7000通か 郵便物隠した疑いで配達員逮捕 宮城・登米市

なんと、隠して持っていたのは3万7000通。

こうなると一体なぜこんなことをしたのか、動機や目的がさっぱり分かりません。

手紙を隠すこと自体が目的だったのか、それとも盗み読むことが目的だったのでしょうか。

郵便物を隠す動機は?

そういえば、以前も似たような事件があったな、と思い出しました。

日本郵便四国支社は11月9日、香川県三豊市の高瀬郵便局で働く配達担当の女性社員(23)が、約2万9000通の郵便物を配達しないで隠していたことを発表した。

出典: 郵便局員が3万通の「郵便物」を配達せずーー日本郵便に賠償責任がないってホント?

こちらも負けず劣らずの手紙の量です。

この女性は、担当エリアの郵便物を配達しないで、自家用車やロッカーなどに隠していました。

郵便物のほとんどは、企業が出すダイレクトメールで、郵便物には損傷もなければ開封した跡もないようです。

郵便物は、調査が終わり次第本来配達されるべき場所に届けられるそうです。

彼女の動機はシンプルでした。「やる気がなくなったから」。

仕事やプライベートでストレスが溜まって行為に及んだようです。

ちなみに、当初女性(年齢は23歳)は本名も公表されず、逮捕もありませんでしたが、のちに発覚したゆうメールも合わせると配達しなかった郵便物は3万8000通に上り、そのうち2666通は女性が隠したとして郵便法違反で逮捕(川染奈央容疑者)に至りました。

さらに一部の郵便物から割引券を盗んだとして、窃盗の罪にも問われ、裁判では「懲役2年、執行猶予3年」の判決が下されました。

宮城県のケースも、この事件と同様の動機なのでしょうか。

それにしても、こういう事件が続くと、意外と届いていないままの手紙が今もどこかで大量に眠っている可能性も否定できませんね。

手紙が届いていないかもしれない、誰かが盗み読んでいるかもしれない、というのは根底の信頼が揺らぐ事態と言えるでしょう。