お笑い

昔話「浦島太郎」の解釈 浦島太郎は実在した? 起源は『日本書紀』の浦嶋子に

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

浦島太郎の正体を探る

誰もが馴染み深い童話に、「浦島太郎」があります。

以下、簡単な「浦島太郎」のあらすじです。

 

浦島太郎のあらすじ

昔々あるところに、浦島太郎という心優しい若者がいて、海辺を歩いていると亀がいじめられているので浦島太郎は亀を助けてあげました。

すると、亀は恩返しに浦島太郎を竜宮城に連れていき、そこでご馳走を振舞われ、幸福なひとときを過ごします。そして、三年の月日が流れ、浦島太郎は竜宮城から自分の住んでいた世界に帰ります。

帰り際に、竜宮城の乙姫さまは浦島太郎に、このなかには竜宮で過ごした「時」が入っているので決して開けてはいけませんよ、と玉手箱を渡します。

そうして村に戻った浦島太郎は、村がすっかり姿を変え、知り合いがだれもいないことに驚きます。翁に話を聞くと、どうやら700年の月日が流れてしまったと言う。

悲しいきもちになった浦島は、思わず玉手箱を開けてしまいます。すると、白い煙が出てきて、浦島はあっという間におじいさんになってしまいました。

 

不思議な話ですよね。

現代人の感覚では、悪いことを子供が罰せられると解釈する教訓的な物語にしたいところですが、浦島太郎は亀を助けたほうです。

そりゃあ、ちょっとくらい竜宮ではめをはずしたかもしれませんが、あんまりな仕打ちでしょう。

昔話というのは、今の時代のような教訓的な意味合いだけでは童話は考えられておらず、意味のわからない点もたくさんあります。

さて、こうした昔話の謎やルーツを探ることに人生を捧げた、高橋大輔さんという探検家がいます。

高橋さんは、この「浦島太郎」の謎についても、その情熱を向け、いくつかの驚くべき真実を突き止めました。

当初高橋さんが疑問におもった「浦島太郎」の謎、それは、「〈昔々あるところに〉というのはどこか」「浦島太郎は実在の人物だったのか」「竜宮城はどこか」といったものでした。

こうした謎の答えについて高橋さんは、松本人志さんが司会をするテレビ番組(『クレイジージャーニー』)で解説しています。



浦島太郎の起源 「昔々あるところに」は、いつ? どこ?

一般的に浦島太郎の起源は「御伽草子(おとぎぞうし)」と言われています。「御伽草子」とは室町から江戸時代のもので、挿絵入りの物語集です。

しかし、御伽草子には、浦島太郎の舞台がどこであったかはわかりませんでした。

そこで、さらにさまざまな文献を読み漁るうちに、もっと古い文献に、浦島太郎の原型のような話が見つかりました。

それが、「日本書紀」です。

日本書紀は、聖徳太子のような実在の人物から、ヤマタノオロチのような伝説の生き物までが混在してつくれられた歴史書です。

この日本書記に「浦島太郎」を連想させる人物、浦嶋子(うらしまこ)が登場するのです。

そうして浦嶋子と妻は、海に入り、蓬莱山(ほうらいさん)の仙人を訪ねました。

さて、この浦嶋子ですが、日本書紀によれば、架空の存在ではなく、西暦478年に実在したという記録が残っているのです。そしてその場所というのが、京都の丹後半島だといいます。

高橋さんは、この記録によって、浦島太郎の「昔々あるところに」というのは、「西暦478年頃」の「京都丹後半島」ではないかと考えます。



京都の丹後半島には、浦嶋子を神として祀ってある神社「浦嶋神社」があり、浦嶋子は丹後国の豪族で船乗りだったという言い伝えが残されています。

また、この浦嶋神社には、室町時代からあるという浦嶋伝説を描いた最古の絵があり、その絵には浦嶋子や、竜宮城と思われる建物も描かれているのです。

さらに高橋さんが調べていくと、3世紀ごろに描かれ、卑弥呼が出てくる中国の古文書「魏志倭人伝」のなかに、嶋子の名前があり、豪族だったと記されているのです。

さらに、日本書紀と同時期に書かれた「丹後国風土記」にも嶋子が登場します。

こうして高橋さんは、浦島太郎のモデルは浦嶋子であり、京都の丹後半島に実在した人物だということを突き止めたのです。

しかし、物語はここでは終わりません。

浦島太郎の正体は、さらに核心部分に入っていきます。が、文章量の関係上、この記事はここで終了。続きは、こちらからどうぞ。

 

 

以上、浦島太郎の正体に関する記事でした。