スポーツ

ロシアワールドカップ、プーチン大統領とサウジアラビアのサルマン皇太子のツーショットが「気まずい」と話題に

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

ワールドカップ開幕戦、ロシアとサウジアラビアはロシアの大勝

いよいよロシアW杯が開催、開幕戦としてロシアvsサウジアラビアの一戦が行われました。

この両チーム、今大会でFIFAランキングがもっとも低い国同士ということで、それほど注目はされていませんが、やはりワールドカップの開幕戦、また地元ロシアということで会場はほとんど満員だったようです。

さて、僕も眠い目をこすりながら、この開幕戦をときおり見ていたんですが、もう途中からワンサイドゲーム。

ロシアが得点を重ね、結果的に5ー0でロシアが大勝、アジアの代表であるサウジアラビアは大敗を喫しました。

アジアでこれだけの強さを誇ったサウジアラビアがヨーロッパでは相当弱いほうのロシアにこてんぱんにやられるという、これが現実なのかもしれませんね。

プーチンとサウジのサルマン皇太子の気まずさ

そんな試合の放送のなかで、ときおり流れるのが、観戦中のロシアのプーチン大統領とFIFA会長、そしてサウジアラビアのサルマン皇太子です。

この皇太子を、僕は最初サウジの国王だと思い、ツイッター上でも国王だと思っているひとも多かったのですが、どうやら皇太子のようです。

あまりにロシアが圧倒するので、このツーショット(正確にはスリーショットですが)の気まずさが印象的でした。

以下はツイッターの反応です。

明日は注目の一戦、スペインとポルトガルの試合が、日本時間の27:00から試合開始です。