スポーツ

アイスランド・キーパー(GK)ハルドールソンはアマチュア? 本業は映画監督?【作品動画あり】

[PR]少しでも安く引っ越しするなら、まずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》

メッシPK止めた、アイスランドGKハルドールソン

北欧の小国アイスランドが初出場のワールドカップ第一戦で、優勝候補のアルゼンチンを相手に1ー1と、値千金の引き分け。

アイスランドは2016年の欧州選手権でもイングランドを破っているので、強豪相手に力を発揮するタイプなのかもしれません。

この試合、特に注目されたアイスランド代表の選手が、同点で迎えた後半17分、アルゼンチンのメッシのPKを止めたゴールキーパーのハンネス・ソール・ハルドールソン(ハルドーソン)選手(34)です。

ハルドールソン選手は、PK以外にも幾度となく鉄壁の守備力でアイスランドのピンチを救い、この試合のMOM(マン・オブ・マッチ)に選ばれました。

なぜハルドールソン選手はあの緊張の場面でメッシのPKを止めることができたのでしょうか。ハルドールソン選手自身、メッシのPKについて次のように振り返っています。

この状況は起こりうると考えていたからいくつか宿題をしていた。大きな賭けだったがそれは起きたんだ。

メッシのPKを何本も見たよ。最近のPKで自分がどういうプレーをしていたかも見直した。相手の心に入り込もうとしたんだ。相手も僕のことを考えただろうね。今日はこっちに来ると思ったんだ。

出典 :「メッシの心を読んだ」PKを止めたアイスランド代表GK、MOMに選出

試合の行方を左右する場面でPKを与え、相手は世界を代表する絶対的エースのリオネル・メッシ。

こういう痺れる局面を、あらかじめ想定し、メッシのPKを研究したり、自身のプレーを見直しながらイメージトレーニングを繰り返していたようです。

また、「相手の心に入りこむ」という面白い表現もしています。相手が何を考え、どちらに蹴ってくるかを相手になって考えてみた、ということでしょう。

こうした想像性や表現力には、ハルドールソン選手の変わった経歴も関係しているかもしれません。

ハルドールソン(ハルドーソン)選手はアマチュア? 本業は映画監督?

ネット上では、ハルドールソン選手はプロではなくアマチュアらしい、という噂が挙がっていました。

どうやら彼は今はプロ選手ですが、確かについ数年前まではアマチュアで、本業は映画監督(映像ディレクター)だったようです。

アイスランドではプロ化の整備がまだ進んでいないため、ハルドールソン選手は2014年にノルウェーのプロリーグに移籍するまでは収入の多くを、この映像ディレクターの仕事でまかなっていました。

現在は、ノルウェーからデンマークのプロリーグに移り、働いていた映像制作会社を一旦離れているそうですが、また引退後には復職するという話にもなっているようです。

映像ディレクターの実績も素晴らしく、2012年には、「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」に、アイスランドを代表して出場したミュージシャンのMV監督として参加しています。

将来の夢は監督として長編映画を撮影することだとハルドールソン選手は語っています。

ハルドールソン選手が監督した作品動画

以下は、ハルドールソン選手が制作した二つの映像作品の動画です。

1、ユーロビジョン用のミュージックビデオ

2、コカコーラとコラボレーションしたアイスランド代表のワールドカップ向けのCM映像

すごい…想像していた以上に本格的でかっこいい作品です。

メッシのPKを止めるイメージトレーニングをしていたと言いましたが、これほどの映像作品をつくるのですから、その「イメージ」は、相当美しいものだったでしょうね。

あわせて読みたい
なぜアイスランドのサッカーは強くなった? その理由と特徴とはなぜアイスランドは強くなったのか 画像 : ゲキサカ 人口35万人、北欧の小さな島国アイスランドのサッカーが世界を驚かしています。 ...
あわせて読みたい
...