雑学

椅子取りゲームのルール

意外と残酷? 椅子取りゲーム

皆さんも、子供の頃に「椅子取りゲーム」をして遊んだことがあったのではないでしょうか。

椅子の数を、椅子取りゲームの参加者の数よりも少なくして、音楽を流し、音楽が止まったら椅子に座る。

座れなかったものはゲームから退場し、徐々に椅子の数を減らしていって最後の一つの席を争い合う。

考えてみれば結構残酷なゲームですよね。

体格差は考慮されませんし、苦手だったというひとも多いのではないでしょうか。

今日は、そんな椅子取りゲームのルールについて、あらためて解説したいと思います。


椅子取りゲームのルール

それでは、椅子取りゲームのルールを紹介したいと思います。

椅子取りゲームのルール

1、まず椅子を円状に並べ、参加者は椅子の前に立ちます。椅子の数は、参加者の総数より少なくします。

2、音楽が鳴り始め、参加者は音楽と一緒に椅子のまわりを回ります。音楽は基本オクラホマミキサーが使用されます。

3、音楽が止まるとみんな椅子に座る。そのとき椅子に座れなかったものが退場になる。

4、椅子を減らしていって最後の一つに座れたものが勝ち。

以上、椅子取りゲームのルールでした。

あわせて読みたい
椅子取りゲームの世界事情〜海外にもある?〜海外の椅子取りゲーム 子供の頃に遊んだゲームの一つに「椅子取りゲーム」があると思います。 この誰もが何の気なしに遊んでいた椅子取...