ライフ

スマホで自撮り画像を反転させる方法・iPhoneアプリ

iPhoneで自撮りをすると左右逆に

iPhoneなどスマホで自撮り画像を撮影すると左右が逆になってしまいます。

iPhoneのインカメラは、撮影時自動的に撮影前の表示画面とは左右反転に記録されます。
“撮影前の表示画面”では「鏡」で見た状態に映っています。
カメラ撮影は「鏡」ではなく「他人(カメラ)から見た状態」に撮影されるので、それが正常なのですよ。

出典 : スマホで自撮り、左右逆に映るのはなぜ?

そこでiPhoneの自撮り画像を撮影する際にあらかじめ反転させて撮影する、あるいは撮影後に写真の編集で反転させる方法を紹介したいと思います。


自撮り画像の反転に使うアプリ「LINE Camera」

画像の反転には、まずiPhoneアプリで「LINE Camera」をインストールします。

アプリを開き、「カメラ」を選択しましょう。

撮影画面の上にメニュー項目が並んでいるので、「・・・」を選ぶと画像の編集メニューが出ます。その一番右の蝶々みたいなマークが反転モードです。

反転モードが黄色くなっていればオンなので、そのまま自撮り画像を撮影して下さい。

スポンサードリンク



次に、一度撮影した画像を反転に編集する場合を紹介したいと思います。

アプリを開いたら、「アルバム」を選択し、反転させたい写真を選びます。

右下の「編集」をタップし、今度は下に項目が出るので左から2番目(ウサギの隣)を選びましょう。

すると「回転/反転」という項目があるので、そこで編集を行なって下さい。

 

以上、iPhone(スマホ)で自撮り画像を反転させる方法でした。