文化

浅野いにお『零落』自身の結婚と離婚、漫画家の苦悩と狂気、実体験をもとに描いた作品(ほぼネタバレなし)【文化】




浅野いにお『零落』(ほぼネタバレなし)

浅野いにおさんの『ソラニン 新装版』と合わせて発売された単行本『零落』。

零落(れいらく)というのは、「落ちぶれること」「草木が枯れ落ちること」といった意味があります。

漫画は、そのタイトル通り、浅野いにおさんの真骨頂とも言うべき陰鬱なトーンで、漫画家の苦悩や狂気、没落を描いた作品となっています。

そこで気になるのが、ここに出てくる赤裸々な心情告白やシーンは、実際にあった話なのか、果たして浅野いにおさん本人の実体験をもとにしたノンフィクションなのか、という点です。

この件について、浅野いにおさんはインタビューで、「実際にあった話」を多く使っていること、また「自分の感覚をなるべくまっすぐ伝えたかった」という風に語っています。

 

いかにリアリティを感じられるかが、自分の中でこのマンガに関しては重要になってきて。だったらなるべく実際にあったことを描くしかない、と。

自分の今の感覚をそのまま描きたかったので、この設定しか考えられなかったですね。余計なことを考えなくて済みますし。

浅野いにおインタビュー、あの頃の自分を綴った「ソラニン」から、“今”を描いた「零落」へ|コミックナタリー

 

もちろんそのまま全部本当にあった話を使っているわけではないでしょうが、実体験を盛り込んだというそのリアリティは作品を読んでいてもひしひしと伝わってきます。




浅野いにおと、結婚

以前から、浅野いにおさんは結婚しているのかどうか、離婚したのではないか、といった噂がネット上にありました。

この結婚および離婚の話についても、『零落』では触れられています。

主人公の漫画家は編集者の女性と結婚。妻である編集者が次の有望な漫画家(女性)に熱心になることに嫉妬し、次第に喧嘩が増えて離婚に向かい、そのストレスもあって風俗通いにはまっていく、といったエピソードがあります。

これも実際にあった話なのでしょうか。浅野いにおさんはインタビューで答えています。

 

僕は30代になってから、歓楽街に通うようになったことがあって、最初はそれを描かなきゃと思って始めたんです。

なぜ通うようになったかっていう元を正すと、僕は以前結婚していたんですけど、それがいろんな問題の中核になっていて。そこを描くのがこの作品の一番重要なところだろう、っていう結論に途中で行き着いたんです。

夫婦喧嘩のエピソードも、もともとは予定してなかったし、こんなに強調して描くつもりはなかったんですけど、一番大事なのはここだと思って。

浅野いにおインタビュー、あの頃の自分を綴った「ソラニン」から、“今”を描いた「零落」へ|コミックナタリー

 

浅野いにおさんは「以前結婚していた」と言います。そして、漫画に描かれているように、離婚(夫婦の喧嘩)をきっかけに歓楽街に通うようになった、と告白しています。

その他驚くような実体験が盛り込まれた作品ゆえに、『零落』には強く迫ってくるものがあるのでしょう。