自然

競走馬ハルウララの引退後と今

人気小説からビジネス書、洋書まで豊富なジャンルの作品が揃う、Amazon傘下のボイスブック配信サービス「Audible (オーディブル)」。簡単手続き、30日間の無料体験実地中。

Audible (オーディブル)の無料体験はこちらから

[PR]少しでも安く引っ越しするならまずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》 [PR]今女性に増えている「隠れ老腸」とは?

競走馬ハルウララとは

ハルウララとは、地方競馬で負け続けたことで有名な牝馬(女の子)の競走馬です。

誕生日は1996年2月27日。出身地は北海道です。

ハルウララの戦績は、なんと負けに負けて113連敗。一度も勝つことがないまま(それでも走り続け)、2006年に競走馬として登録を抹消、引退しました。

生涯獲得賞金はこつこつと稼いで112万9000円(と言ってもこれは競走馬として獲得賞金なので、出演料やグッズなどはもっともらっているかもしれません)。

ちなみに現在最強の牝馬と名高いアーモンドアイは戦績7戦6勝で獲得賞金は7億2,022万円です。


ハルウララ、引退後は今どこにいる?

それでは、このハルウララ、引退後の今は一体どこにいるのでしょうか。

一部では、馬刺しになってしまった!? などという話もありましたが、引退後、ハルウララは栃木や北海道を渡り歩き、2012年から、千葉県のマーサファームに預けられています。

画像 : マーサファーム

画像 : マーサファーム

ハルウララはうーちゃんとも呼ばれているようです。

マーサファームは、引退した種牡馬や競走馬を預かって、乗馬や餌やりなど馬と触れ合うことのできる牧場です。

引退後、ハルウララは山のなかののんびりとした環境で余生を過ごしていました。

人間の年齢でいうと70歳前後で、日課は、午前の運動と午後の昼寝。仲良しの妹分のマーキュリーとたわむれているようです。

ただ、ハルウララはもともと短気で落ち着きがなく、その性格は相変わらずのようで、乗馬には向かないそうです。

雑誌『Number964号』では、現在のハルウララをもとめマーサファームに漫画家のほしよりこさんが訪ね、数ページの短い漫画にまとめられていました。

[PR]Amazonで「本を聴く」サービスはじまる。まずは30日間無料トライアル! [PR]厳選素材で腸すっきり!! 話題の菌活サプリ