生活

洗濯ネットはなんのために必要?

洗濯ネットはなんのために必要?

一人暮らしなどを始めた際に直面する謎のアイテムの一つが、「洗濯ネット」です。

僕は「洗濯ネット」とあまりちゃんと向き合ってこなかったので、しばらくのあいだ、一体洗濯ネットがなんのためにあるのか、必要ないんじゃないか、などと軽んじてきました。

でも、前回書いたように、下着は繊細でしっかり洗濯ネットを使用したり、洗い方や干し方を工夫しないとすぐに布生地が駄目になってしまうことを知りました。

あわせて読みたい
無印良品のボクサーパンツのゴムが洗濯で伸びる件(と対処法)無印良品のボクサーパンツのゴムが伸びる件 無印良品の男性用下着(ボクサーパンツ)って履き心地もいいですし、オーガニックコットンで天然素...

今回は、この洗濯関連のうち「洗濯ネット」の必要性に絞って紹介したいと思います。

以下の三点が、洗濯ネットが必要な理由です。

  1. 洗濯中、他の衣類とぶつかり合って伸びたり傷んだりを防ぐ
  2. ほこり、汚れの付着の防止
  3. 色落ち、色移りの防止

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

洗濯ネットのメリット1、洗濯中、他の衣類とぶつかり合って伸びたり傷んだりを防ぐ

洗濯ネットの一つ目のメリットは、ぶつかり合ったりこすれ合ったりすることからの保護です。

洗濯機のなかは結構荒々しい動きをしています。

そのため、周りの衣類とこすれ合ったり伸びたりするので、繊細な生地はすぐに傷んでしまうのです。

こうしたことから、洗濯ネットは守ってくれる効果があります。

 

洗濯ネットのメリット2、ほこり、汚れの付着の防止

洗濯ネットの二つ目のメリットは、ほこりや汚れが付着するのを防止する効果があることです。

別の衣服と一緒に洗えば、当然他の服についた油汚れやほこりなども付着してしまいます。

こうしたことを防止する効果が、洗濯ネットにはあります。

 

洗濯ネットのメリット3、色落ち、色移りの防止

三つ目のメリットは色落ちや色移りの防止です。

白い服と色物はなるべく分けて洗ったほうがいいのですが、もし多少とも色物と一緒に洗うようなら、色移りの防止に繋がります。

また、色落ちの原因には、衣服同士のこすれ合いがあるので、メリット1であるように洗濯ネットで色落ちを予防することができます。

 

以上、洗濯ネットが必要な理由でした。