ライフ

市役所に送る封筒の宛名は「御中」

人気小説からビジネス書、洋書まで豊富なジャンルの作品が揃う、Amazon傘下のボイスブック配信サービス「Audible (オーディブル)」。簡単手続き、30日間の無料体験実地中。

Audible (オーディブル)の無料体験はこちらから

[PR]少しでも安く引っ越しするならまずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》 [PR]今女性に増えている「隠れ老腸」とは?

役所に送る封筒の宛名の敬称は「御中」

必要な書類を封筒に入れて、市役所や県庁といった役所の「○○課」に送付する場合、宛名は「様」ではないとすれば、「御中」で正しいのでしょうか。

役所の正しい宛名の書き方の説明の前に、そもそも「御中」の意味とは何か解説したいと思います。

御中という宛名は、決して「企業・団体に宛てて」という意味ではありません。

御中は、企業や役所、団体の、直接誰に宛てたものかわからないが、「その中のどなたか」に送るときに使います。

それが「御中」の意味です。

そのため、県庁や市役所などの場合も、「その中のどなたか」が受け取ってくれればいい、ということから、宛名の書き方は「御中」で正しいということになります。

ただし、「××市役所 御中」ではなく、しっかりと「××市役所 ○○課 御中」と書きましょう。

ちなみに、「御中」や「様」などの敬称と、宛名の間は一字ぶんの空白(スペース)を空けるべきか悩むこともあるかもしれません。

この空白に関しては特に決まりはありません。紛らわしいなど必要がある場合のみ適宜空けるようにしましょう。

以上、役所に宛てて送る封筒の宛名の書き方に関する記事でした。

[PR]Amazonで「本を聴く」サービスはじまる。まずは30日間無料トライアル! [PR]厳選素材で腸すっきり!! 話題の菌活サプリ