スポーツ

大谷翔平とイチローの共通点と関係

[PR]少しでも安く引っ越しするならまずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》 [PR]今女性に増えている「隠れ老腸」とは?

大谷翔平とイチローの共通点

メジャーリーグのエンジェルスに所属する大谷翔平選手と、イチローの関係は、一体どういったものなのでしょうか。

不仲? 尊敬? そんな二人の関係を様々な視点から調べてみました。

大谷翔平選手は、岩手県出身で1994年生まれ。投打の二刀流として日本ハムに所属し、2018年からメジャーリーグのエンジェルスに入団。メジャーの舞台でも二刀流で活躍し、その名を轟かせました。

イチローは、愛知県出身で1973年生まれ。二人の年齢差は約二十歳違うことになります。オリックスに入団し、記録に残る活躍をしたのち、27歳(2000年)にマリナーズに移籍。日本人野手初のメジャーリーガーになります。

この一年目で、「新人王・MVP・首位打者・盗塁王・シルバースラッガー賞・ゴールドグラブ賞」を受賞するという偉業を達成。このタイトルだけ見ても、その衝撃が伝わります。

大谷選手とイチローの共通点としては、お互いに都心部出身ではなく、甲子園での目覚ましい活躍もなかったこと、パリーグ出身であることなどが挙げられます。

また、「右投げ左打ち」という共通点もあります。この「右投げ左打ち」に関しては、エンゼルスの打撃コーチが、バランスのよい身体づくり(「体幹を鍛える」)効果について語っていました。

あわせて読みたい
大谷翔平の三つの長所を、エンゼルスのヒンスキー打撃コーチが語るヒンスキー打撃コーチが語る、大谷翔平の三つの長所 海を渡り、メジャーリーグ、エンゼルスに入団して一年目のシーズンを終えた大谷翔...

大谷翔平とイチローの関係

大谷翔平選手とイチローの関係がクローズアップされたのは、メジャーの舞台で初めて「共演」した際のこと。親子ほど離れた年齢の二人の仲睦まじい「鬼ごっこ」が話題となりました。

イチロー選手は、対戦こそ叶わなかったものの、以前から大谷翔平選手のバッターとしての天性を認め、「打者に専念すべき」と語っていました。

また、大谷翔平選手が20号ホームランを打った際には、「初めてホームランバッターが日本人できた」と賞賛。ホームランバッターと言うと松井秀喜選手を思い浮かべますが、イチローは、「松井はメジャーでは中距離打者で、大谷はこっちでもホームランバッター」と評価。主な理由としては、大谷翔平選手がセンターから左にかけて飛距離を出せることを挙げています。

大谷選手は、シーズン終了後には、イチローとのこんなエピソードを『NHKスペシャル』で語っていました。

まだシーズンデビュー前のオープン戦で、投打ともに絶不調だった大谷選手。普段あまりひとに相談しないという大谷選手が相談したのが、イチローでした。

最初イチローは、「じゃあビデオ電話でバット持ちながらやってみようか」と言ったそうですが、大谷選手は、自分からお願いしておいてビデオ電話はないかな、と思い直し、バット一本持って直接イチローに会いに行ったそうです。

そのとき技術的な指導もあったようですが、なにより大谷選手の心に残ったのが、「自分の才能、これまでやってきたことをもっと信じていい」という言葉でした。

この言葉が、大谷翔平選手自身、もしかしたらもっとも欲しかった言葉なのかもしれない、と語っています。これが「変わるきっかけ」になったと言います。

そして最後に、イチローから「ユンケル」をもらったそうです。

決して馴れ合うことなく、親子ほどの年齢差を越えてリスペクトしあい、支え合う、大谷翔平選手とイチローのとても素敵な関係性でした。

[PR]Amazonで「本を聴く」サービスはじまる。まずは30日間無料トライアル! [PR]厳選素材で腸すっきり!! 話題の菌活サプリ