スポーツ

中島翔哉×松井大輔の対談(「スーパーサッカー」)

[PR]少しでも安く引っ越しするならまずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》 [PR]今女性に増えている「隠れ老腸」とは?

中島翔哉×松井大輔の対談(「スーパーサッカー」)

TBS「スーパーサッカー」で、中島翔哉選手と松井大輔選手の対談が放送。その感想をちょっとだけ。

そもそもこの対談は誰がセッティングしたんだろう、というのが見終わってからの素朴な疑問。両者とも違った意味でコミュニケーションが苦手そうな上に、二人は初対面。結構ぴりぴりとした空気感でした。

松井選手が、「どんなことを考えているの?」と尋ねると、中島翔哉選手は「楽しみたい」「ドリブルの瞬間は考えていない、考えると遅いですから」と答える。

全然、中島選手も悪気がなくニコニコと笑いながら答えているんですが、ちょっと松井選手は癪に触っているのかな、という感じでした。

松井選手が、対談の最後のほうで、「自分だけが楽しければそれでいいと若い頃の俺も考えていたよ」といった言葉を、軽い嫌味っぽく言っていたのが印象的でした。

これが、昔の自分を見ているようで気恥ずかしいような苛立ちがあるのか、それとも「感性型」の選手が単純に嫌いなのか分かりませんが、いつも大人たちからああいう風に受け取られてきたのだとしたら、中島選手も相当日本で窮屈な思いをしてきただろうな、とふと思いました。

対談のVTRが終わって、福田さんも、「考えていない、と言うけど、考えたら遅い、ということは考えてますよね」と一言。加藤浩次さんが、「プレーの瞬間は、考えていない、ということではないですか」と軽くフォローし、かつ「松井選手もインタビューよかったです」とMCとしてまんべんなく気遣っていました。

ゴン中山が解説のとき、試合中にリフティングしている中島翔哉選手を好意的にとらえていて、こういう親戚のおじさん、いいな、と思いました。

そういえば中島選手も、若い頃の松井大輔選手の映像を見て、松井選手が「何か彼に言ってあげたいことは?」と尋ねたら、「いつもソックスを下まで下げてますよね」と絶対松井選手が求めていないだろう回答をして、それでもまた若干変な空気に。

天然なのか、天才だし仕方がないだろうな、と思いつつ、色々周りとの関係づくりが大変だろうな、とも思いました。

終始噛み合っていない(ように見えた)二人が、一点だけわかり合っていたのは、「ドリブルの道が見えるよね」と松井さんが振ったとき、中島選手は「その道をたどるだけです」と答えていました。

ちなみに対談後に語られていた福田さんの懸念、子供たちがそのまま真似しないように、という教育者の目線。

あわせて読みたい
中島翔哉の練習法・トレーニング法中島翔哉の練習法・トレーニング法 小柄ながらサッカー日本代表の若きエース候補として注目される中島翔哉選手。 このサイトでは、これ...
[PR]Amazonで「本を聴く」サービスはじまる。まずは30日間無料トライアル! [PR]厳選素材で腸すっきり!! 話題の菌活サプリ