スポーツ

中島翔哉の特徴と可愛い(かわいい)エピソード

[PR]少しでも安く引っ越しするならまずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》 [PR]今女性に増えている「隠れ老腸」とは?

中島翔哉選手の特徴

サッカー日本代表の新エースと呼び声高いのが、ポルトガルリーグのポルティモネンセに所属する中島翔哉選手です。

中島翔哉選手は、1994年生まれ(フィギュアの羽生結弦選手と同い年)で東京の八王子出身。

6歳の頃にサッカーを始めるも、その時期に両親が離婚。母子家庭に育ち、二つのサッカースクールとフットサルの教室に通っていました。

中島翔哉選手は身長がわずか164cmと世界的に見ても相当小柄ですが、ポルティモネンセでは得点に絡むことも多く、残念ながらロシアW杯では代表に選ばれなかったものの、新生日本代表ではエース候補として存在感を発揮しています。

日本代表は11日、コスタリカ代表と対戦して3-0と快勝した。森保一監督の就任初戦となったこの試合で最も輝きを放ったのは、背番号10を背負った中島翔哉だった。

この試合で見せた水準を維持できれば、日本の新たな中心となることができるはずだ。

出典 :【英国人の視点】中島翔哉こそ、日本の宝石。初陣で放った眩い輝き。新たな代表の中心に

中島翔哉選手のプレースタイルの特徴は、「楽しい」という一言に集約されます。

もちろん、ドリブルの技術も素晴らしいですし、得点に繋がるパスも出せます。また自分でシュートを狙いにいく積極性も兼ね備えています。

しかし、そのどれもを「楽しそうに」行います。

中島翔哉選手が出場した代表戦のサッカー解説者も、「面白い!」と連呼していたように、見ている側が「面白い」「楽しい」と思わせるプレーをします。

この「楽しい」というのが、中島翔哉選手の何よりも特筆すべき特徴と言えるでしょう。

中島選手自身、代表戦の試合後のインタビューで、「今後どのようなプレーで代表に貢献していきたいと思いますか?」と問われ、優しい笑顔を浮かべながら次のように語っていました。

まずはしっかりと楽しんで、見ている人たちも楽しいサッカーをしたいです。

出典 : 中島翔哉 新背番号「10」の存在感 ファン大歓声「本当に楽しかった」


中島翔哉選手の可愛いエピソード

そんな中島翔哉選手、喋り方もゆったりとした口調で、とても試合後とは思えないような穏やかな話し方も特徴的です。

なんだか聞いているこっちまでほっとします。

また、子供の頃から生粋のサッカー少年だった中島選手には、ある可愛いエピソードがあります。

サッカーがとにかく好きで、家でもボールを離さず持っていた中島少年。学校が終わってからも時間があれば一人で練習をし、寝ているときもボールを持って寝たそうです。

サッカーボールを布団のなかに入れて、犬も一緒に「三人」で寝ていたと無邪気な笑顔で語ります。

画像 : 「アスリートの輝石」| BS日テレ

清々しいまでの笑顔で、ボールと犬と三人で寝ていた、と「ボールはともだち」を実践する中島選手。

画像 : 『キャプテン翼』

今後もっともっと強豪のチームを相手にも、「楽しい」サッカーを繰り広げていって欲しいですね。

一方で強い自信と信念も持ち合わせています。

[PR]Amazonで「本を聴く」サービスはじまる。まずは30日間無料トライアル! [PR]厳選素材で腸すっきり!! 話題の菌活サプリ