スポーツ

なぜ? 「代表新監督にクリンスマン氏」の情報漏洩の理由は

[PR]少しでも安く引っ越しするならまずは一括見積もり《全国260社以上と提携、安心の実績!!》 [PR]今女性に増えている「隠れ老腸」とは?

なぜ、新監督の情報漏洩?

日本代表の西野監督の後任候補として、元ドイツ代表監督のクリンスマン氏が新監督に決定的、という報道が出ました。

ベルギー戦の直後から、最有力候補としてクリンスマン氏が挙がっていることは報じられていましたが、今日になっていっそう強く、「決定的」という表現で語られています。

ここでは、なぜ西野監督の代表監督続投では駄目なのか、なぜクリンスマン氏が新監督候補なのか、ということより、そもそも、なぜこの重要機密である情報が漏洩するのか、といった問題について考えてみたいと思います。


サッカー協会の責任は?

まず、西野監督に火中の栗を拾うような役割を押し付けたのは、明らかにサッカー協会の失策です。

八百長疑惑のアギーレ監督、その後急遽選んだハリルホジッチ監督。ハリルホジッチ監督は日本代表に愛情を持ってくれましたが、日本人の気風とは合わず、チームワークはずたずたになっていました。

これは僕の個人的な感想ですが、試合中、ハリルの言う通りに動かなければ、ということから選手たちは極端にこわばり、日本の特徴である連動性や協調性は全く機能していませんでした。

当時、びっくりするくらいつまらないサッカーをしていました。

それはハリル監督の手腕というより、そういう上からのトップダウン式の強引な手法が日本代表と合わなかった、ということ。

そして、合わないにも関わらず、招聘してフォローもしなかった挙句、直前になって前触れもなく変えたサッカー協会の責任問題は大きいと思います。

しかし、会長を筆頭に誰も責任は取らず、西野監督に尻拭いを委ねた。

西野さんは、壊れかけた日本代表をわずか二ヶ月で再建するために、まずは鬱屈していた選手の声に耳を傾け、ときに自分自身いじられ役にまわりながら、「チーム」としての環境を整えていきました。

ポーランド戦のブーイングをされながら行なったボール回しについても、試合後、西野監督は後悔を口にし、選手にも謝罪をしたと言います。

そういう西野さんの正直な姿勢も、今回の日本代表が一つにまとまることのできた要因だったと思います。

乾選手も、ベルギー戦のあと、西野監督への感謝と恩返しという言葉を口にしていました。

このW杯ロシア大会のベスト16という数字は、戦術はもちろん、メンタルケアも含め、明らかに西野監督の手腕、功績が大きかったと言えるでしょう。

しかし、その西野監督ら日本代表が、まだ日本に戻ってくる前に、すでに後任の新監督の名前が「決定的」と大々的に報道されるのは、あまりに失礼なのではないでしょうか。

情報漏洩のニュース元

なぜ、こうした情報が漏洩されるのか。

クリンスマン氏が新監督候補に、という一報を報じているのは中日スポーツです。

日本代表の次期監督候補に元ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマンさん(53)が挙がっている。複数の関係者が2日までに明かした。

出典 : 日本代表次期監督候補にクリンスマン氏 ドイツや米国で監督|中日スポーツ

最重要と言っていい内部機密を、「複数の関係者」がマスコミにリークしています。

また、本田選手や長友選手も苦言を呈したのが、ポーランド戦で大胆にスタメンを6人入れ替えた際のスタメン情報が漏洩した問題です。

あわせて読みたい
ポーランド戦、試合前に日刊スポーツでスタメン漏洩のなぜ西野監督の賭け サッカー日本代表が決勝トーナメント進出を賭けた大一番、ポーランド戦。 結果は惜しくも敗戦だったものの、セネガル戦...

スタメンというのも、極めて重要な機密事項です。非公開練習にしていたにも関わらず、全てマスコミに筒抜けでした。

試合開始23時間半前から非公開で行われた紅白戦。関係者によると、ここまで2試合を同じメンバーでスタートしてきた指揮官は、先発6人を入れ替える“大シャッフル”を敢行した。疲労の色が濃かったFW大迫、MF香川、MF原口、MF乾、MF長谷部、DF昌子は控え組に回したという。

出典 : 岡崎、武藤と2トップも!西野監督が6人入れ替えテスト ポーランド戦 W杯|産経デジタル

ここにも情報を漏らす「関係者」が登場します。

仮にポーランド戦スタメンの情報を漏らした「関係者」と、クリンスマン氏の情報を漏洩させた「関係者」が同じような一派の人たちであるなら、それはサッカー協会の関係者ということになるでしょう。

なぜ、こうした情報漏洩が起きるのか。

これは推測に過ぎませんが、サッカー協会の内部には、どうしても外国人監督を招聘したい連中がいるのではないでしょうか。

スポンサーの関係なのか、その理由は分かりません。

しかし、彼らは人選で過ちを繰り返し、直前でようやく協会側もハリル解任という選択に踏み切ることができた。

すると、彼らは即座に次の候補を模索し始めた。西野監督はどうせ惨敗するだろうし、繋ぎに過ぎないと考え、新しい外国人監督の招聘に動き出した。

ところが、想像を上回る活躍を西野ジャパンが見せたことで、彼らは焦った。このままでは「西野監督続投」となる。それでは困る。

西野ジャパンの活躍を面白くないと思っている人たちがいるのではないか、と思うのです。

こうしたある種の派閥の人たち(「関係者」)が、ポーランド戦のスタメン漏洩を行い、また新監督がクリンスマン氏に「決定的」という情報を、まるで既定路線のようにしてメディアにリークしている。

なぜ西野監督の続投では駄目なのか、という理由について、一度は西野監督続投だったのが、途中で「風向きが変わった」と報道にあります。

日本代表の次期監督として、前ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏(53)の就任が3日、決定的となった。日本協会は1次リーグを突破した西野朗監督(63)に続投要請する方向で調整を進めていたが、並行して外国人監督もリストアップ。

1勝1分け2敗で、退場者を出した10人のコロンビアにしか勝てなかった結果を疑問視する声があり、風向きが変わった。

複数の関係者によると、既に水面下で本格交渉を開始。順調に進めば、20日の技術委員会を経て内定する運びとなる。

出典 : 日本、16強導いた西野監督退任 後任は前ドイツ代表監督クリンスマン氏決定的

自分たちの尻拭いをさせておいて、「退場者を出した10人のコロンビアにしか勝てなかった結果を疑問視」とはすごい言い分ですね。

たった二ヶ月ですよ。

そもそもあなたたちの失策ですよ。

自分たちのネガティブな要素には目をつむり、西野監督や日本代表のネガティブな結果になるとずいぶんと細かく見ることができるようです。

もちろん、誰が監督にふさわしいかは、色々な意見があるでしょう。

どの選択をしても、失敗はするかもしれません。しかし、ちゃんとチャレンジし、ちゃんと失敗し、ちゃんと責任をとれば、必ず次に繋がります。

その辺りを毎回うやむやにすれば、毎回同じ失敗を繰り返すでしょう。

なにより、やはりこの仕打ちは西野監督と日本代表に「失礼」だと思います。要するにこれは、W杯のふがいない成績の責任問題として西野監督との契約を打ち切る、ということであり、それをまだ代表が帰国する前に漏らすのですから。

一方で、ほとんど同時刻に、全く真逆の「西野監督続投」の報道を行なっているスポーツ紙もありました。

日本協会は西野監督に引き続き指揮を任せる可能性が高い。短期間でチームをまとめ、16強に進んだ手腕を評価。現時点で次期監督人事は続投が最有力で、W杯出場後も監督を代えない初のケースとなるもよう。

出典 : 西野監督続投が最有力 手腕評価W杯出場後初ケース|日刊スポーツ

おそらくサッカー協会内部の「外国人監督招聘派」と「西野続投派」の激しい政治的な駆け引きが行われているのでしょう。

[PR]Amazonで「本を聴く」サービスはじまる。まずは30日間無料トライアル! [PR]厳選素材で腸すっきり!! 話題の菌活サプリ