言葉の意味

「ご冥福をお祈りします」の意味

「ご冥福をお祈りします」

誰かが亡くなるたびに耳にする言葉の一つに「ご冥福をお祈りします」という表現があります。

冥福を祈る、というのは一体どういう意味か、意外とわからないまま使っている方も多いのではないでしょうか。

そもそも「冥福」の意味とは何か、どんなときに使うと間違いなのか、といったことについて解説したいと思います。

 


冥福の意味

ひとの死というのは、ものすごく繊細な事象なので、できるだけ正しい言葉遣いや振る舞いで遺族や友人の方々の気分を害さないようにしたいものですよね。

だから、なるべく紋切り型の表現をすることも多いでしょう。

その一つに、「ご冥福をお祈りします」という言葉があります。

この「冥福」というのは、「死後の世界の幸福」を意味します(4、の意味ですね)。

「冥(めい・みょう)」の意味

1 暗くて見えない。「冥暗・冥冥/晦冥(かいめい)・昏冥(こんめい)・幽冥」
2 道理に暗い。「頑冥」
3 奥深い。心の奥底。「冥想」
4 あの世。「冥界・冥土・冥福」
〈ミョウ〉人知を超えた神仏の働き。「冥加・冥護・冥利」

出典 : デジタル大辞泉

つまり、「ご冥福をお祈りします」とは、亡くなった方の死後の世界の幸福を祈る、ということを意味するのです。

こうした意味を考慮すると、遺族の方に直接語りかける際に「ご冥福をお祈りします」と言うのは少し違和感があります。

そういうときは「御愁傷様(ごしょうしゅうさま)でございます」や「お悔やみ申し上げます」を使いましょう。

例 : この度は御愁傷様でございます。

例 : この度は心からお悔やみ申し上げます。

これらは一緒に使っても問題ありません。

 

キリスト教では「ご冥福をお祈りします」は使ってはいけない?

死後の世界については、宗教的な背景と密接に関わってきます。

そのため、ある仏教の葬儀とキリスト教の葬儀とでは全く違った形になりますし、「死後の世界」も変わってきます。

それでは、「ご冥福をお祈りします」という言葉はキリスト教などで使ってはいけないルールなどはあるのでしょうか。

基本的に、この「冥福」という言葉は特定の宗教には関係ないようです。

以下は、20年以上葬儀の現場で働いている方のブログの記述です。

一部で言われている「冥福」という言葉はキリスト教や浄土真宗で使ってはいけない、という「葬儀知識」ですが、お葬式に参列される方は気にしなくても良いと思います。

出典 :「ご冥福をお祈りします」の意味と正しい使い方|考える葬儀屋さんのブログ

この「冥福」という言葉は、何かの宗教的な用語というわけではないので、あまり気にすることなく使用していいようです。

ただ、「冥」には「暗くて見えない」などネガティブな印象を抱かせる意味も含まれ、絶対天国にいけるキリスト教や極楽浄土にいける浄土真宗には適さないのではないか、という声もあります。

このことに関しても、この「葬儀屋さん」は問題ないと言います。

実際、「キリスト教や浄土真宗のお葬式の最中に「御冥福をお祈りいたします」という文言の入った弔電をこれまで何百通も代読していますが宗教者から指摘されたことはない」そうです。

 


まとめ

もう一度、最後にまとめたいと思います。

この「ご冥福をお祈りします」というのは、死後の世界(あの世)の幸福をお祈りします、ということを意味します。

そして、この「冥福」というのは、決して特定の宗教用語ではなく一般的な言葉として使われてきたものなので、キリスト教や浄土真宗などで使ってはいけない、ということもありません。

実際、横浜市の火葬場では、遺族に渡す書類を入れる封筒に「ご冥福をお祈りいたします」と大きく印字されているそうです。

この言葉を誰もがニュートラルに捉えているということでしょう。

ただし、直接遺族の方に言うのは違和感があるので、その際は「御愁傷様でございます」「お悔やみ申し上げます」を使うとよいでしょう。

また、基本的に「ご冥福をお祈りいたします」というのは、弔電などで使われる「文語体」のようです(これは「哀悼の意を表します」も同じことだそうです)。

でも、テレビなどで有名人や政治家が亡くなった際などは、生前の友人が「ご冥福をお祈りします」と言っているのを見かけます。

おそらくこれは、遺族に向けてではなく、誰にともなく言っている言葉なので使っているのでしょう。

ツイッターなどでも使われますよね。

ツイッターも、誰にともなく(あるいは故人に向けて)語られた言葉(文語)なので違和感がないのでしょう。